| |
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo auteur
S Kobayashi
へメッセージを送る
この記事を書いた人
フランス人写真家マリー・パッサによる、日本およびアジアでの初めての個展がこの度、開催される。 マリー・パッサは1977年生まれ。建築家として10年間、世界的に有名なジャン・ミシェル・ウィルモットの設計事務所で働いた後、2006年から本格的に写真家としての活動を開始 した。 そして、2010年から2012年の間、彼女は「色」に焦点を置き、オーストリアの哲学者ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタインにちなんだWittgensteinという147点の作品を
投稿日 2014年6月4日
ジョルジュ・ペレック伝 言葉に明け暮れた生涯 デイヴィッド・ベロス著 酒詰治男訳 Georges Perec : A Life in Words de David Bellos 水声社 価格:12000円+税 ISBN978-4-8010-0026-1 ジョルジュ・ペレック(1936〜82)は、20世紀の文学界において特異な位置を占めている作家である。物への欲望に支配される若いカップルを描いた『物の時代』でルノドー賞を受賞して以後、アルファベ
投稿日 2014年6月3日
フランソワ・トリュフォーの映画 アネット・インスドーフ著 François Truffaut d’Annette Insdorf 水声社 価格:4800円+税 ISBN978-4-89176-975-8 本書は、ヌーヴェル・ヴァーグの代表的な映画監督であるフランソワ・トリュフォーの作品の秘密に迫る研究書である。 本書の特徴は、緻密な分析に裏付けられた本格的な作品論でありながら、随所に著者インスドーフのトリュフォー作品に対する愛情が込められてい
投稿日 2014年2月19日
こまばアゴラ演劇学校・無隣館、ハチス企画による公演。こまばアゴラ演劇学校・無隣館とは、2013年度に、こまばアゴラ劇場と青年団によって設けられた若い演劇人の育成機関である。青年団主宰の平田オリザをはじめ、青年団演出部、関連団体の演出家、劇作家、俳優を迎え、俳優のみならず劇作、演出、制作、舞台芸術を多角的に学ぶ場である。そのこまばアゴラ演劇学校・無隣館にて、蜂巣ももを中心に立ち上げられ、蜂巣の実験的な演出を実現する企画として誕生したのがハチ (...)
投稿日 2013年12月27日
ジャンガダ ジュール・ヴェルヌ著 安東次男訳 La Jangada de Jules Verne 文遊社 価格:2800円+税 ISBN978-4-89257-087-2 科学冒険小説の大家、ジュール・ヴェルヌによる冒険物。 アマゾンの農場主、ホアン・グラールは、何かの理由によって長年、自分の農場から外へは出ようとしなかった。しかし、娘の結婚の為、決心をして大筏(ジャンガダ)に乗って、アマゾン川を下る壮大な旅に出発することになる。
投稿日 2013年12月12日