フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

ルーヴル美術館特別展 ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術 
投稿日 2016年7月29日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 86.6 kb
エンキ・ビラル/『ルーヴルの亡霊たち』©Futuropolis / Musée du Louvre éditions 2012
1793年の開館以来、200年以上の長い歴史をもつルーヴル美術館が「ルーヴル美術館BDプロジェクト」という、日本を含むフランス内外の著名な漫画家たちにルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう企画を立ち上げ、すでに12作品が出版、現在もプロジェクトは進行中だ。日本の「まんが」にあたるフランス、ベルギーなどの仏語圏で古くから発展してきた「バンド・デシネ(BD)」には大衆的な作品がある一方でまるで絵画のような複雑で技巧に富んだ作品も多く、フランスにおいてBDは第9の芸術と考えられている。あらゆる芸術を招聘してきたルーヴル美術館にとって第9の芸術に門を開き交流を行うのは自然な成り行きだった。
今回このプロジェクトの成果を一堂に観ることのできる展覧会が、東京を皮切りに開かれるている。展覧会では、3章に分けて個性的な漫画家たちの300点を超える原画や資料、特別映像などをエキサイティングな演出と共に展観する、エンターテイメント性の高いダイナミックな内容となっている。ルーヴル美術館と漫画家たちの華麗なるコラボレーションを堪能したい。
 
※フラン・パルレでは過去に『氷河期』のニコラ・ド・クレシー、『ルーヴルの亡霊たち』を描いたエンキ・ビラルにインタビューをし、ニコラはこの「ルーヴル美術館BDプロジェクト」についても語っています。2人のインタビューはこちらからご覧ください。
 
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
2016年7月22日(金)〜9月25日(日)
会期中無休
開館時間:10:00〜20:00
料金:一般1800円 高校・大学生1200円 小・中学生600円
お問合せ:03-5777-8600
読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問「Que signifie “bd”?」

締め切りは2016年 8月8日(月)、正午です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31