フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『エタニティ 永遠の花たちへ』 Éternité
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 137.1 kb
© Nord-Ouest
『エタニティ 永遠の花たちへ』
 
結婚、出産、病気、事故、徴兵—— 愛する家族の生と死をナレーションが語り、音楽と映像が淡々と流れていく。舞台は19世紀末のフランス。ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)は、1度決まった婚約を解消する。しかし、愛は彼女の想像を超えたところにあり、彼女の想像しなかった運命が回り始める……「女性がほとんど権力を持たなかった時代に、パワフルで自由な母親たちを描いた」という、メラニー・ロランの言葉が映画の本質を端的に物語る。(メラニー・ロランは、ヴァランティーヌの義理の娘・マチルドを演じた)。子供を慈しみ、失うことを悲しむ母親たちの姿は、時代を超えて私たちの心を揺さぶる。12歳のとき、故郷の戦争から逃れるため、両親と弟と共にベトナムからフランスへと渡ったトラン・アン・ユン監督。たった4人、異国の地で手を取り合って生きていかなければならなかったからこそ、彼はこんな「大家族」の尊さを撮りたかったのだろう。そして、大家族の根っこにある「男女の愛」の大切さも。男女が共に生きることを誓い、お互いの愛を育む姿。それを、色とりどりの花々と彼の大好きなクラシック曲で演出し、トラン・アン・ユン版「夫婦の愛の讃歌」を完成させた。「自転車に乗らない?」と誘う、少女時代のマチルドの姿が何とも愛おしい。(Mika Tanaka)
 
監督:トラン・アン・ユン
出演:オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニエ・ベジョ、ジェレミー・レニエ、ピエール・ドゥラドンシャン
2016年/フランス・ベルギー/115分
 
Éternité de Tran Anh Hung avec Audrey Tautou, Bérénice Bejo, Mélanie Laurent, Jérémie Régnier; 2016, France, Belgique, 115 mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59