フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

フランス映画祭 2017 Festival du film français au Japon 2017 
投稿日 2017年6月9日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
 
<span class="caps">JPEG</span> - 75.4 kb
2017年フランス映画祭団長カトリーヌ・ドヌーヴ
© Patrick Swirc / modds
フランスで『カンヌ映画祭』が終わると、日本ではフランス映画ファンにとって外せない、もうひとつの映画祭が始まる。『フランス映画祭(Festival du film français au Japon)』は、日本の梅雨の時期を彩るイベントとして定着した。26回目となる今年は、カトリーヌ・ドヌーヴが2度目の団長として来日。昨年団長をつとめたイザベル・ユペールの再来日も嬉しい。そんな華やかな女優たちは、今年のフランス映画祭でどんな活躍をするのだろう……オープニング作品『The Midwife (英題) 』(Sage femme)は、タイトルの通り、助産師が出演する物語。カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロという、2人のカトリーヌの共演が楽しみ。『愛を綴る女』(Mal de pierres) では、『嵐が丘』のような激しい恋を夢見る女性をマリオン・コティヤールが熱演。『エル ELLE』 (Elle)は、『氷の微笑』で知られるポール・ヴァーホーヴェン監督が、イザベル・ユペールを主演に迎えたサスペンス。
 本映画祭の全12作品のうち、2作品に出演しているオドレイ・トトゥにも注目。『パリは今夜も開演中』(Ouvert la nuit)では、きびきびとしたパリジェンヌ役で登場する。オドレイと共演(競演?)するのが、若手女優・サブリナ・ウアザニオ。オドレイと対称的なキャラクターがとてもチャーミング。女優たちも魅力的だけれど、このコメディをさらにコミカルにしているのが、日本人の「ダザイ」だ。彼の辞世の句(日本語)をお楽しみに。映画の中で「日本人は働き過ぎ、だから自殺率が桁外れだ」という台詞がさらりと出てくるけれど、実はこの台詞こそ、この映画のテーマであり、監督からのメッセージじゃないか、と感じてしまう。本作の主人公も演じているエドゥアール・ベール監督が来日予定なので、観客席からそんな質問が投げられることを期待したい。『パリは今夜も開演中』(Ouvert la nuit)は、今回の映画祭で唯一の日本未配給作品でもあるので、この機をどうか逃さないで!(Mika Tanaka)
 
期間 2017年6月22日(木)〜6月25日(日) ※全4日間
会場 有楽町朝日ホール(メイン会場・有楽町マリオン11F)
TOHOシネマズ 日劇(オープニング会場・有楽町マリオン11階、レイトショー会場・有楽町マリオン9F)
 
ハローダイヤル:03-5541-8600



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31