フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ—境界線への視線」展
投稿日 2016年9月16日
最後に更新されたのは 2016年9月20日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 104.3 kb
アンリ・ルソー 《エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望》 1896-1898年 油彩 カンヴァス ポーラ美術館蔵
 平日は税関吏として働き、休日は日曜画家として絵筆を取ったアンリ・ルソー。日本を追われ、フランスへ渡った後も、自分の本当の居場所を探し続けていたレオナール・フジタ(藤田嗣治)。役者としても画家としても挫折した結果、「職業写真家」という道を切り開いたウジェーヌ・アジェ……一見、まったく異なる作風を持つ3人。そんな3人が「描こう」とした風景にこんな共通点があるのか、と教えてくれるのが、この展覧会だ。
 20世紀初頭のパリ。エッフェル塔が建設され、世の中がパリ万博に浮かれていた時代に、この3人が目を向けたのは街の中心地ではなく、郊外(la banlieue)だった。うらさびしいような、それでいてどこか優しいような、私たちが忘れそうになっているパリの本質を、彼らの作品が気づかせてくれる。「フジタとプティ・メティエ」と称された一画では、働くこどもたちの姿が並ぶ。よく見ると、彼らは職人であったり、芸術家であったり、ときにはスリなどの犯罪者であったりする。社会の外側に追いやられそうになりながらも、懸命に生きようとする「境界線」の人々の姿がいとおしい。 (Mika Tanaka)
 
ポーラ美術館
2016年9月10日(土)〜3月3日(金)
休館日:年中無休(臨時休館日もあるので、美術館に問い合わせを)
開館時間:09:00〜17:00 ※入館は16:30まで
入館料:一般1,800円 65歳以上1,600円 高校生・大学生1,300円 
小中学生700円(土曜日は、小中学生無料)
(団体割引あり、障がい者の付き添いは1名まで無料)
 
問い合わせ:0460-84-2111(ポーラ美術館)
読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問「Depuis quel endroit les trois artistes ont-ils saisi Paris?」

締め切りは2016年 10月17日(月)、正午です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52