フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

投稿日 2016年2月16日
最後に更新されたのは 2016年2月17日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 87.1 kb


J. M. G.ル・クレジオ著
中地義和訳
Tempête:Deux novellas de Jean-Marie Gustave Le Clézio
作品社
ISBN:978-4-86182-557-6
価格:本体2400円(税別)

本書は、ル・クレジオの最新作二篇「嵐」、「わたしは誰?」を所収している。定評ある中地義和訳でル・クレジオの世界を存分に味わうことができる。両作品ともに、アイデンティティーの模索、思春期から大人へ至る過渡期といった、ル・クレジオ作品には馴染み深いテーマが描かれている。「嵐」では、二人の登場人物が交互に語る手法が用いられているが、これもル・クレジオの十八番と言っても良いだろう。では、両作品が過去の作品と同じことを繰り返しているかと問われると、そのようなことはない。実際、噛めば噛むほど違う味わいが出てくる円熟味を増した二篇である。
「嵐」では、母親は海女で、父親を知らない13歳の女の子ジューン、そして過去にあった事件の呪縛に苦しめられている初老の男性キョウの関係が描かれる。舞台は韓国南部の小さな島である。相互の語りが進むにつれて、両者を隔てる距離は縮まり、二人の抱える傷と謎が明らかになっていく。まるでパズルが一つずつはまっていくかのように物語の全貌が少しずつ見えてくる。ところが、このパズルは最後までは完成されない。読者は読み終わった後にところどころ空白のままに残されたパズルを眺めながら、味わい深い余韻に浸ることになるだろう。
「わたしは誰?」の原題は「アイデンティティーのない女」である。実母を知らないラシェルという娘が、空洞のアイデンティティーを埋めようと模索する物語で、邦題は見事に作品の核を言い当てている。ここでも思春期の脆くも暴力的な感情が、繊細かつ流れるように描かれている。人は過去という実体によって支えられたアイデンティティーを頼りに生きている。その支柱なしには未来はおろか現在と向き合うことさえできない。ラシェルの乾燥したざらざらの感情に触れながら、何が我々の現在を形成しているか思い知らされる作品である。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52