フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

アンサンブル室町による「エドガー・ヴァレーズと室伏鴻に捧ぐ墓」
投稿日 2015年10月28日
最後に更新されたのは 2015年10月14日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

アンサンブル室町による「エドガー・ヴァレーズと室伏鴻に捧ぐ墓」

 

<span class="caps">JPEG</span> - 640.2 kb

日本の舞踏界は、去る6月に巨人・室伏鴻(むろぶしこう)を失った。1978年のパリ公演でブトー(BUTOH)の概念を世界に広めたほか、2006年にベネチアビエンナーレでも脚光をあびた「クイック・シルバー」シリーズは、いわば、中世におけるメメント・モリ思想の現代版として、現代芸術シーンを揺り動かした。彼の表現が、フランス社会でアジア舞踏を代弁していることは、たとえば、フランスの中堅監督ニルス・タヴェルニエの『オーロラ』(2006)に登場する“アジアの王侯”が、かなり明瞭に室伏鴻の舞踏スタイルを踏襲していることからもわかる。

 和楽器とバロック楽器を混合編成し、昨年、サントリー芸術財団の佐治敬三賞を受賞した「アンサンブル室町」は、今年のプロジェクトとして、この室伏の先端的舞踏芸術と、没後50年にあたる作曲家ヴァレーズ(Edgar Varèse, 1883-1965)の先端的音楽芸術を再読する。

 室伏とヴァレーズに共通する、シンプルな人間性とアウトサイダーとしての自覚、そして職人芸に支えられた途方もない創造力といったものへのオマージュの場にふさわしく、日本の5人の新進作曲家と、室伏に縁のあるパリの3人の踊り手を招き、照明やテクノパフォーマンスを交えた現代的表現に挑む。

北沢タウンホール https://kitazawatownhall.jp/
2015年12月22日(火)19:00開演、23日(祝・水)13:30開演
全席自由 一般 4000円 学生 2500円
お問い合わせ:東京コンサーツ 03-3226-9733 http://www.tokyo-concerts.co.jp/
アンサンブル室町事務局 office@ensemblemuromachi.or.jp

読者プレゼント
アンサンブル室町による「エドガー・ヴァレーズと室伏鴻に捧ぐ墓」公演招待券を各日1組2名様、計2組4名様にプレゼント!!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)と観劇可能な日(複数可)を明記してご応募下さい。

質問「En quelle année est mort Varèse? 」

締め切りは2015年12月12日(土)です。

contact@franc-parler.jp




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52