フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

アンサンブル室町第 10 回公演『オルフェオとエウリディーチェ』〜グルック生誕 300 周年記念公演〜
投稿日 2014年11月27日

Utako Kurihara によって
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Ch.W.グルック(1714-1787)といえば、ハプスブルク王家の皇女アントワネットにクラ

<span class="caps">JPEG</span> - 73.5 kb
ヴサンを教え、彼女が1773年にフランス王太子ルイ16世に嫁ぐ折に、姫付の音楽家としてフランスに渡った作曲家である。代表作の歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》は、1762年のウィーン版と1774年のパリ版があり、当時のヨーロッパを俯瞰する「時代の証人」ともいえる作品だが、実はここ日本でも、日本人が最初に上演した本格的な歌劇として知られる。1914年に、グルック生誕200年を記念して森鷗外が訳したことから、日本の文学史と洋楽史の両面から記憶されるべき作品なのである。
そしてグルック生誕300年となる今年、こうした背景を全てまとめあげるような舞台を企画しているのが「アンサンブル室町」である。和楽器とバロック楽器を混合編成し、演劇・舞踊・能・声明などあらゆる形の芸術とのコラボレーションを続け、昨年、サントリー芸術財団の第 13 回佐治敬三賞を受賞。
《オルフェオとエウリディーチェ》の音楽は抜粋され、夏田昌和やA.デュモンをはじめ5名の作曲家がコラボして、全体をまとめあげる。ベジャール派の振付家A.シルヴェストリンと日本舞踊の花柳美輝風が、ギリシャ神話の世界を編み直す。

2014年12月26日(金) 15時開演/19時開演
杉並公会堂小ホール
全席自由 一般 4000円 学生 2500円
お問い合わせ:
東京コンサーツ 03-3226-9755(月〜金 10:00-18:00)
http://www.tokyo-concerts.co.jp
アンサンブル室町事務局
office@ensemblemuromachi.or.jp

[(読者プレゼント
アンサンブル室町第10回公演「オルフェオとエウリディーチェ」招待券を15時の回と19時の回を各回1組2名様、計2組4名様にプレゼント

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。

質問「Quel ensemble joue cette œuvre? 」

締め切りは2014年12月8日(月)です。)
contact@franc-parler.jp]




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.22