フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

山寺 後藤美術館コレクション展 バルビゾンへの道
投稿日 2013年9月25日
最後に更新されたのは 2016年1月11日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
バルビゾン派といえば、パリの南東60キロに位置するバルビゾン村で、あるがままの自然風景や人々の暮らしを描いた画家たちのことをさす。彼らが本格的に村に通いだした1830年代から1870年代ころは、ヨーロッパが産業革命や市民革命によって急速に近代化されていった時代だが、それは人々の暮らしを自然から遠ざける一方で人々に自然を再認識させる時代でもあった。
 
 山形市の、山寺 後藤美術館はこのバルビゾン派の絵画を中核に据えた美術館で、さらにバロック期から19世紀後半のバルビゾン派に至る、神話画、宗教画、肖像画、静物画、そして風景画という多岐にわたるヨーロッパ絵画を収蔵している。
 コレクションを築いた山形県出身の実業家後藤季次郎氏は、若くして上京し美術館に訪れるのを楽しみとしていたが、そのなかでもとりわけ羊や牛のいる素朴な風景画に心惹かれ、そこに故郷の情景を重ね合わせていたという。
 
 今回の展示は同美術館より約70点が出品され、ヨーロッパ美術の名品を楽しみながら、近代絵画の新たな可能性の扉を開いたバルビゾン派の画家達へと至るヨーロッパ美術の流れを展観できる。
パリ近郊のバルビゾン村に集まり田園の暮らしや農民の姿を豊かに描いたコローやミレーらバルビゾン派の競演に注目したい。
 
Bunkamura ザ・ミュージアム
10月20日(日)〜11月18日(月) 会期中無休
10:00〜19:00 毎週金・土曜日は21:00まで ※入館は各閉館時間30分前まで
料金:一般 1300円 大学・高校生 900円 中・小学生 600円
お問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
 
Jean-Baptiste Camille Corot, Saint-Nicolas-Lez-Arras, au bord de la rivière, 1872, huile sur toile, Collections du musée des beaux-arts Yamadera Goto
Jean-Baptiste Camille Corot, Saint-Nicolas-Lez-Arras, au bord de la rivière, 1872, huile sur toile, Collections du musée des beaux-arts Yamadera Goto
 
読者プレゼント
招待券を5組10様にプレゼント!
 
<応募方法>
件名にキーワード、メッセージ欄にお名前(ローマ字、日本語)とご住所、郵便番号を明記の上ご応募下さい。締め切りは10月15日(火)です。
 
キーワード:Barbizon
 
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としておりますので、未登録の方は、自動的に登録されますことをご了承下さい。

フォーラム
この記事に返信


チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31