フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal :
Rédacteur en chef : Éric Priou
Rédaction : Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel : 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『Rodeo ロデオ』 Rodéo
『Rodeo ロデオ』 Rodéo
© 2022 CG Cinéma / ReallyLikeFilms
『Rodeo ロデオ』
 
「いいかげんにしなさい!」
 育児で追い込まれる母親がこどもに怒りをぶつける。ありふれている一場面に見えるが、彼らの状況は決してありふれているとは言えない。母親の名はオフェリー(アントニア・ブレジ)。夫のドミノ(セバスティアン・シュローダー)は服役中だが、離れた場所で母子を支配し監視の目を緩めない。外部との接点は、週に1回、ジュリア(ジュリー・レドゥル)が買い物の品を届けるときだけだ。
バイクだけが支えのジュリアにとって、バイクを通して知り合った仲間たちは唯一の居場所。そして彼らのボス・ドミノを紹介され、バイクの窃盗に手を染めることになる。仲間のカイス(ヤニス・ラフキ)はジュリアに好意を寄せるが、ジュリアは恋人という関係に興味を示さない。彼女が心を許すのは、週に1回、わずかに会話を交わす幼いキリアン(コーディ・シュローダー)と母親のオフェリーだけだ。ほんのひととき、外出禁止の2人をバイクに乗せたジュリアは、爽快な風に吹かれながら母子と”自由”を共有する。画面いっぱいに解放感が漂う。
しかし、ジュリアがどんなにオフェリーを目覚めさせようとしても、オフェリー自身は夫の支配から逃れようとはしない。そしてジュリアもまた、何かに束縛されているかのように、逃れようのない闇へ突き進んでいく……ジュリアの辿り着く場所は、映像としては美しいが物語としてはあまりにも悲しい。キリアンが”Maman!“と母親を呼ぶラストシーンに心救われる。(Mika Tanaka)
 
監督・脚本 : ローラ・キヴォロン
出演:ジュリー・ルドリュー ヤニス・ラフィ アントニア・ブレジ
2022年/105分/フランス
 
Rodéo de Lola Quivoron avec Julie Ledru, Yanis Lafki, Antonia Buresi, Cody Schroed ; 2022, France, 105 min