フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『メグレと若い女の死』 Maigret
Maigret
Maigret
Crédits : ©2021 CINÉ-@ F COMME FILM SND SCOPE PICTURES.

『メグレと若い女の死』
彼女はどこから来たのか?
彼女に何があったのか?
彼女はどんな思いを残したのか?
 舞台は1953年のパリ。若い女性の刺殺体がみつかる。身につけているわずかな手がかりは、彼女の暮らしが決して裕福ではないことを物語る。しかし、血で真っ赤に染まったドレスは、庶民では手に入れることのできない高級品だ。
 酒と料理が大好き、大きな体と緻密な捜査……多くの推理小説ファンを夢中にさせてきたメグレ警視シリーズ。今回の映画化でジュール・メグレを演じるのは、ジェラール・ドパルデューだ。パトリス・ルコント監督が創り上げる静けさの漂う映像が謎をいっそう深めていく。なぜメグレはここまで事件にのめり込むのか。そこには彼と妻が共有する悲しい過去と関係がある。メグレの捜査がすすむにつれ、大都会パリの光と影が◯くっくりと浮かび上がり、若い女性の浮かばれない心が少しずつ天国へ近づいていくように感じられる。
「陰惨たる闇から落ちてきたこの静かな意志の塊」。
ルコント監督は、メグレを演じるドパルデューをマラルメの詩の一節にたとえる。名監督がとらえる名俳優の演技は圧巻だ。そして、ふと気づく。ジェラール・ドパルデュー自身もまたメグレのように、悲しい過去を抱えているのだということを。子を失う親のやるせなさ、それを知るドパルデューだから彼の演じるメグレはこんなにも強い存在感を放つのだろうか。(Mika Tanaka)
 
監督:パトリス・ルコント
原作:ジョルジュ・シムノン
出演:ジェラール・ドパルデュー、ジャド・ラベスト、メラニー・ベルニエ、オーロール・クレマン、アンドレ・ウィルム
2022年/89分
 
Maigret de Patrice Leconte avec Gérard Depardieu, Jade Labeste, Mélanie Bernier, Clara Antoons; 2022, France, Belgique, 89 min
 
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1551