ポーラ美術館 『モネとマティス ―もうひとつの楽園』
投稿日 2020年7月22日
 
<span class="caps">JPEG</span> - 95.5 kb
アンリ・マティス《鏡の前の青いドレス》1937年油彩/カンヴァス64.0×49.0cm
京都国立近代美術館蔵

コロナ禍の勢いで休館していた美術館。ようやく訪れた再開が嬉しい。木々の緑が眩しい箱根のポーラ美術館では『モネとマティス ―もうひとつの楽園』が開催されている。
 クロード・モネ(1840-1926)、そしてアンリ・マティス(1869-1954)——彼らが活躍した19世紀から20世紀にかけての時代は、急速な近代化と度重なる戦争の時代だった。表現方法のまったく異なる2人だが、自分たちの心のよりどころを追い求め「ここではないどこか」をみつけようとした点において、通じ合うところがあるのではないか。モネは19世紀末、めまぐるしく変わろうとするパリから離れ、ジヴェルニーという終の住処にたどり着く。その庭に理想の楽園を造りあげ、睡蓮の連作など、繊細な光の移ろいを形に残していった。一方マティスは、陽の光が注ぐ南仏に身を置き、室内を自在に飾り、色彩豊かな数々の名作を描き出した。「楽園」に恋い焦がれ、「楽園」を自らの手でつくり上げようとする2人の純粋な思いは、現実世界に少し疲れた私たちの心に、どんな癒しを与えてくれるだろうか。(Mika Tanaka)
 
<展覧会概要>
ポーラ美術館
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285
 
会期 : 2020年11月3日(日)まで
開館時間 : 9:00 17:00 (入館は16:30まで) 会期中は無休、臨時休館あり
 
入館料:大人 1,800円、 シニア割引・65歳以上 1,600円
大学・高校生 1,300円、 中学生以下無料
※中学・小学生が授業の一環として観覧する場合、引率教員等の入館は無料。
※料金は消費税込み
 
問い合わせ電話番号:0460-84-2111
美術館公式サイト : http://www.polamuseum.or.jp

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!
 
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。
 
メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に84円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。
 
質問 「Comment dit-on «rakuen» en français?」
 
締め切りは2020年7月31日(金)、正午です。
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1445