logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
<アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ> Rétrospective Alain Robbe-Grillet
<アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ>
 
1953年、小説『消しゴム』で鮮烈なデビューを飾ったアラン・ロブ=グリエ。ヌーヴォー・ロマンの旗手として文学界に君臨した彼は、映画界にも革命を起こす。アラン・レネ監督の『去年マリエンバードで』の脚本を執筆し、『不滅の女』で監督デビューを飾った。今回上映される6作品のうち、『囚われの美女』を除く5作品が日本未公開だ。
今回の上映作品は、モノクロが3作品、カラーが3作品。デビュー作『不滅の女』では、イスタンブールの町並みや謎めいた女性が、モノクロのトーンでよりミステリアスな輝きを帯びる。アラン・ロブ=グリエ監督初のカラー作品『エデン、その後』では、チュニジアの陽の光が白い壁と青い窓を鮮やかに照らし、ときおりあらわれる赤い色が心をかき乱す。
 麻薬の運び屋の道中を入れ子(メタフィクション)で描いた『ヨーロッパ横断特急』、第二次世界大戦末期のスロバキアが舞台の『嘘をつく男』。この2作品の主演は『男と女』で知られるジャン=ルイ・トランティニャン。あまりにも背徳的と、上映禁止やフィルムが焼かれる事件が発生した『快楽の斬新的横滑り』では、『フレンズ〜ポールとミシェル』で十代の少女を演じた、アニセー・アルヴィナが主演をつとめる。日本でよく知られる彼らの出演が、難解ともいえるアラン・ロブ=グリエと私たちとの距離を縮めてくれる気がする。市川崑監督の日仏合作映画『涙なきフランス人』の企画が中断されず、当時オファーを受けたアラン・ロブ=グリエの脚本が完成していたら……そんなことを考えると楽しくなる。(Mika Tanaka)
 
『不滅の女』※劇場初公開
出演:フランソワーズ・ブリオン、ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ、カトリーヌ・ロブ=グリエ
1963年/フランス・イタリア・トルコ/モノクロ/101分
 
<span class="caps">JPEG</span> - 29.9 kb
Crédits : © 1966 IMEC
『ヨーロッパ横断特急』※劇場初公開
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、マリー=フランス・ピジェ、クリスチャン・バルビエール
1966年/フランス・ベルギー/モノクロ/95分
 
『嘘をつく男』※劇場初公開
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン
1968年/フランス・イタリア・チェコスロヴァキア/モノクロ/95分
 
<span class="caps">JPEG</span> - 76 kb
Crédits : © 1970 IMEC
『エデン、その後』※劇場初公開
出演:カトリーヌ・ジュールダン、ピエール・ジメール、リシャール・ルドウィック
1970年/フランス・チェコスロヴァキア・チュニジア/カラー/98分
 
『快楽の斬進的横滑り』劇場初公開
出演:アニセー・アルヴィナ、ジャン=ルイ・トランティニャン、マイケル・ロンズデール、イザベル・ユペール
1974年/カラー/106分
 
<span class="caps">JPEG</span> - 105.6 kb
Crédits : © 1983 ARGOS FILMS
『囚われの美女』
出演:ダニエル・メグイシュ、ガブリエル・ラズール、シリエル・クレール、ダニエル・エミリフォーク
1983年/カラー/85分
 
Rétrospective Alain Robbe-Grillet
 
<span class="caps">JPEG</span> - 35.9 kb
Crédits : © 1963 IMEC
L’immortelle; 1963, France, Italie, Turquie, N/B, 101 mn
Trans-Europ-Express avec Jean-Louis Trintignant, Marie-France Pisier, Christian Barbier; 1966, France, Belgique, N/B, 95 mn
<span class="caps">JPEG</span> - 45.3 kb
Crédits : © 1968 IMEC
L’homme qui ment avec Jean-Louis Trintignant; 1968, France, Italie, Tchécoslovaquie, N/B, 95 mn
L’Eden et Après avec Catherine Jourdan; 1970, France, Tchécoslovaquie, Tunisie, 98 mn
<span class="caps">JPEG</span> - 42.1 kb
Crédits : © 1974 IMEC
Glissements progressifs du plaisir avec Jean-Louis Trintignant, Isabelle Huppert, Michael Lonsdale; 1974, France, 106 mn
La belle captive; 1983, France, 85 mn