フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『危険な関係』Les Liaisons Dangereuses 1960
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 71.2 kb
© 1960 - TF1 DROITS AUDIOVISUELS
『危険な関係』
 
  何てスタイリッシュ!ジャズとモノクロの映像、シャネルの服と個性際立つ俳優陣。背徳的な題材がこんなにも品よく展開していくのは、映画の魔法ゆえだろうか。原作の舞台は18世紀のフランスの貴族社会。本作が発表されてからも、多くの映画人に愛され、さまざまな国で映画化されてきた。それだけ人を魅惑するテーマなのだろう。といっても、この題材を扱うにあたっては、監督の品性や力量が試される。この映画を見ていると、ロジェ・ヴァディム監督がどれだけ映画の神様に愛されていたか、よくわかる。残酷なストーリー展開なのに、ジェラール・フィリップの茶目っ気とジャンヌ・モローの奔放さが華麗に交わしていく。観客に媚びないモンクやアート・ブレイキー達のジャズの音も素敵。ジェラール・フィリップの遺作として見るのも、昨年(2017年)他界したジャンヌ・モローへの追悼の思いで見るのもおすすめだけれど、今上映中の『ハッピーエンド』(Happy End) に出演しているジャン=ルイ・トランティニャンの若かりし頃の姿に出会えるのも、フランス映画ファンにとって貴重な体験ではないかと思う。(Mika Tanaka)
 
原作:コデルロス・ド・ラクロ
監督:ロジェ・ヴァディム
音楽:セロニアス・モンク アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ
出演: ジェラール・フィリップ ジャンヌ・モロー アネット・ヴァディム ジャン=ルイ・トランティニャン
1959年→2018年/フランス/ 102分/R15+
配給:セテラ・インターナショナル
 
Les Liaisons Dangereuses 1960 de Roger Vadim avec Gérard Philipe, Jeanne Moreau, Annette Vadim, Jean-Louis Trintignant, 1959, 2018, France, N/B, 102 mn, R+15
 

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.0.96