フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『音楽の詩人 クロード・ドビュッシー 〜没後100年を記念して』  小林真理 メゾ・ソプラノリサイタル (ピアノ 秦はるひ)
投稿日 2018年3月5日
最後に更新されたのは 2018年3月12日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 43.8 kb
 ドビュッシーの没後100年を記念して行われるリサイタル。ときに官能的に、ときに軽やかに、ときに小粋に……「音楽の詩人」の呼び名のとおり、ドビュッシーは私たちの心に豊かな音色を届けてくれる。メゾソプラノとピアノ、2人の女性の感性が紡ぎだす繊細なアンサンブルで、至福のひとときを過ごしたい。(Mika Tanaka)
 
日時:2018 年 5 月 7 日(月) 
   19:00開演 (18:30開場)
会場: 豊洲シビックセンターホール
東京メトロ有楽町線「豊洲」駅7番出口より徒歩1分
 
【曲目】
 
二人の恋人の散歩道(トリスタン・レルミット詩)
Le Promenoir des deux amants
 
忘れられたアリエッタ(ポール・ヴェルレーヌ詩) ほか
Ariettes oubliées
 
【申し込み・問い合わせ】
担当:安江
TEL: 03-3705-4413
 
主催: ドビュッシー没後100年記念リサイタル実行委員会
後援: 日仏現代音楽協会 フランス大使館
 
*************************************
<プロフィール>
小林真理(メゾ・ソプラノ)
 鎌倉市出身。1982年フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に入学、古典声楽科のクラスで最優秀の成績をおさめる。
 1984年パリのフランス歌曲国際コンクールでフオーレ賞、1988年クレルモン・フェランのオラトリオ・リート国際コンクールでリタ・シユトライヒ・記念大賞を受賞する。
 1993年、東京藝術大学において、博士号を取得。バロック、オペラ、室内楽等の分野でヨーロッパやアメリカ、オーストラリアでソリストとして活動。2004年、ストラスブール地方国立音楽院の専任教授として後進の育成にも力を入れる。日仏現代音楽協会名誉会員。
 
秦はるひ(ピアノ)
東京藝術大学大学院を修了。ドビュッシー国際コンクールにて第1位受賞。リサイタル、夏期講習会、国際コンクールの審査、演奏会のプロデュース等、ヨーロッパを中心に、海外で幅広く活動する。

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.0.99