フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ハッピーエンド』Happy end
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 68.7 kb
© 2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK- ARTE - ORF
『ハッピーエンド』
 
 ゆっくりと扉が開く。見つめ合う少女と老人。
「チーズ、食べるか?」老人が聞く。
「要らない」。少女は首を横に振るが、何か言いたげな目を老人に向ける。
 85歳となったジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)が、13歳の孫娘エヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)に秘密を打ち明け、自らの心を開くシーン。ここにあるのは、祖父と孫の理想的な関係だろうか。それとも死に取り憑かれた孤独な者同士のはかない絆だろうか……映画の舞台は、フランス北部のカレー。移民や難民の問題を抱えることで知られる地域だ。ロラン家の食卓は一見にぎやかで豪華そうに見えるが、家族の会話はそっけなくどこかよそよそしい。家長のジョルジュ、娘のアンヌ(イザベル・ユペール)と息子のトマ(マチュー・カソヴィッツ)。この3世帯が大きな邸宅で共に暮らしている。家業はアンヌとアンヌの息子のピエール(フランツ・ロゴフスキ)が継ぎ、医師になったトマは、妻アナイス(ローラ・ファーリンデン)との間に赤ちゃんが生まれたばかり。住み込みで働くモロッコ⼈のラシッドとジャミラ夫妻には幼い娘が。そんなロラン家に新しい家族として加わったのがトマの前妻の娘、エヴだ。スマホを手放さず、SNS以外のコミュニケーションを知らないエヴの心の動きを軸に、滑稽なほどに愚かな人間の業が描かれる。それでも悲観的にならないのは、ミヒャエル・ハネケ監督が人を愛し、人類に希望を持ち続けているからなのだろう。タイトルの「ハッピーエンド」も、なぜか後味の悪さが感じられない。同監督の『愛、アムール』に出演したジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが、この映画で再び父と娘を演じているのも、興味深い。(Mika Tanaka)
 
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、マチュー・カソヴィッツ、ファンティーヌ・アルドゥアン
2017年/フランス・ドイツ・オーストリア/107分
 
Happy end de Michael Haneke avec Isabelle Huppert, Jean-Louis Trintignant, Mathieu Kassovitz, Fantine Harduin…; 2017, France, Allemagne, Autriche, 107 mn
 

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.0.99