accessibilité
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

東京で上映されるフランス語圏映画Les films en français à Tokyo
投稿日 2018年1月31日
最後に更新されたのは 2020年1月27日

Ciné Switch Ginza 03-3561-0707
http://www.cineswitch.com/
Shinjuku Piccadilly 050-6861-3011
https://www.smt-cinema.com
Yebisu Garden Cinéma 0570-783-715
https://www.unitedcinemas.jp/yebisu/

1月31日(金)より

『母との約束、250通の手紙』
監督:エリック・バルビエ
出演:シャルロット・ゲンズブール、ピエール・ニネ、ディディエ・ブルトン、ジャン=ピエール・ダルッサン、キャサリン・マコーマック、フィネガン・オールドフィールド
2017年/フランス・ベルギー/フランス語・ポーランド語・スペイン語・英語/131分/R15+

https://250letters.jp

Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp
Toho Cinémas Chanté 050-6868-5001

1月31日(金)より

<span class="caps">JPEG</span> - 48.4 kb
Crédits : © 2019 Les Films 13 - Davis Films - France 2 Cinéma

『男と女 人生最良の日々』

クロード・ルルーシュ監督が「映画を撮るのはこれで最後」と覚悟を決めた『男と女』(Un homme et une femme)。興行的な失敗が続いていた彼に映画の神様が微笑み、本作は映画史に残る名作の1つとなった。その伝説がさらに新しい伝説を生むことになると、誰が想像しただろう!
  『男と女』で結ばれた2人が50年以上の歳月を経て再会するというのが『男と女 人生最良の日々』だ。レーシング・ドライバーとして一世を風靡したジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、施設で暮らし、徐々に過去の記憶を失いつつある。父を案じた息子のアントワーヌ(アントワーヌ・シレ)は、アンヌ(アヌーク・エーメ)を探し出し、2人を再会させる決心をする……歳を重ねてなお気品溢れるアヌーク・エーメと、相変わらず茶目っ気たっぷりのジャン=ルイ・トランティニャン。前回と同じ役を同じ俳優が演じているのは主人公たちだけではない。2人の子供達もまた、演じるのはまったく同じ俳優。52年近い歳月を経て彼らもまた成長し、映画の中で、彼らの人生を生きている。彼らの職業、彼らが歩んだ人生にも深くうなずきたくなる。
まるでコメディ映画を思わせる爆笑シーンがあったかと思うと、切なくて切なくてたまらないシーンがある。ジャン・ルイが、猛スピードでパリを走り抜けたときの回想シーンに、なぜほろりと涙ぐんでしまうのだろう。早朝のパリが車から撮影されているだけなのに……「クロードといると思いがけないことの連続で、でもそれが自然なの」とアヌーク・エーメが語るように「彼の作品に参加するということは、魔法のような素晴らしい経験」とジャン=ルイ・トランティニャンが語るように、ルルーシュ監督の映像は、奇跡のような輝きに満ちている。明るい陽の光の中で微笑む登場人物たちの「深い明朗さ」をたたえた表情は、この人だから撮り得た温かさと豊かさでいっぱいだ。(Mika Tanaka)

監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ、モニカ・ベルッチ
2019年/90分/カラー・モノクロ

À partir du 31 janvier

Les plus belles années d’une vie de Claude Lelouch avec Anouk Aimée, Jean-Louis Trintignant, Antoine Sire, Souad Amidou, Monica Bellucci; 2019, France, 90 mn, couleur, N/B

www.otokotoonna.jp

Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp

上映中

<span class="caps">JPEG</span> - 69.7 kb
Crédits : ©2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINÉMA-SCOPE PICTURES

『私の知らないわたしの素顔』

  多くの学生たちの前で、文学の講義が行われている。五十代程だろうか、貫禄ある教授がイプセンを、デュラスを雄弁に語っている。彼女の名前はクレール(ジュリエット・ビノシュ)。子供は2人、本を出版するだけのキャリアもある。そんな状況とは裏腹に、クレールの心の中は孤独と悲しみでいっぱいだ。あるとき、彼女はクララという別の名前でフェイスブックのアカウントを作成する。それは、自分のもとを去りゆく恋人の消息を知るためだった……どこにでもありそうな題材、誰にでも起こり得そうな出来事だ。それなのに、なぜこんなにも目が離せず、映画にのめり込んでしまうのだろう。「年上の女性に翻弄される若き青年」というかつての定番は、二十一世紀にはこんな形に発展していくのか?被害者と加害者が入れ替わり、誰が支配者で誰が被支配者なのか、見ていくうちにどんどんわからなくなってくる。ハラハラしながらクレールの行く末を見守っていると、どんでん返しが観客を迎えてくれる。そんなサスペンスタッチのトーンとは対照的なシーンも印象的だ。純愛の舞台裏に絶望するアレックス(フランソワ・シビル)の涙と、クレールを救おうとある場所へ車を走らせるボーマン医師(ニコール・ガルシア)の姿が切ない。(Mika Tanaka)

監督:サフィ・ネブー
出演:ジュリエット・ビノシュ、ニコール・ガルシア、フランソワ・シビル
2019年/101分/R15+

À l’écran
Celle que vous croyez de Safy Nebbou avec Juliette Binoche, Nicole Garcia, François Civil; 2019, France, 101 mn, R15+

http://watashinosugao.com

1月30日(木)まで

<span class="caps">JPEG</span> - 71.8 kb
Crédits : ©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

『冬時間のパリ』

  作家と編集者が話をしている。ツイッターのコメントに対して批判的な発言をする作家に対し、編集者はこう答える。短い名文句をひたすら繰り返すところは、アンシャン・レジームの頃と同じ。フランス的ではないかと。
  作家はレオナール(ヴァンサン・マケーニュ)、そして編集長はアラン(ギヨーム・カネ)。妻以外の女性との間に秘密がある。レオナールの妻はヴァレリー(ノラ・ハムザウィ)。政治家の秘書として経済的に夫を支える。アランの妻はセレナ(ジュリエット・ビノシュ)、人気テレビドラマシリーズに出演する女優だ。彼らには表の生活と裏の生活がある。
  映画は、電子書籍やオーディオブックの台頭で先の見えない出版業界に対する議論で散りばめられる。「装丁や販売計画に関する打ち合わせがいらなくなるから、中身を充実されることに注力できる」という発言もあれば「そのうち誰も家から出なくなって、さみしくない?」という投げかけも。映画の始まりから終わりまで飛び交うパリっ子たちの洗練された言葉の数々。だからこそ、ときおり登場人物が見せる怒り顔や泣き顔が愛おしい。取り繕わずに本気で向き合ったときの表情は、どんなに着飾ったときよりも美しいし、どんな雄弁な言葉よりも多くを語っていることを知る。イングマール・ベルイマン、ルキノ・ヴィスコンティ、ミヒャエル・ハネケ……映画の中で語られる名監督たちの映画を、合わせて観たくなる。 (Mika Tanaka)

監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:ジュリエット・ビノシュ、ギョーム・カネ、ヴァンサン・マケーニュ
2018年/107分

Jusqu’au 30 janvier

Doubles vies d’Olivier Assayas avec Juliette Binoche, Guillaume Canet, Vincent Macaigne; 2018, France, 107 mn

Human Trust Cinéma Yurakucho 03-6259-8608
https://ttcg.jp/human_yurakucho
Shibuya Ciné Quinto 03-3477-5905
https://www.cinequinto.com
Shinjuku Piccadilly 050-6861-3011
https://www.smt-cinema.com

上映中

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』
監督:レジス・ロワンサル
出演:ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ、アレックス・ロウザー
2019年/フランス・ベルギー/105分

gaga.ne.jp/9honyakuka

Shimotakaido Cinéma 03-3328-1008
http://www.shimotakaidocinema.com

1月25日(土)〜31日(金)12:40

『パリに見出されたピアニスト』
監督:ルドヴィック・バーナード
出演:ジュール・ベンシェトリ
2018年/フランス・ベルギー/106分

2月1日(土)〜7日(金)14:05

『永遠の門 ゴッホの見た未来』

<span class="caps">JPEG</span> - 82 kb
Crédits : © Walk Home Productions LLC 2018

「これは絵か?」ゴッホの描いた絵を「醜い」と表現した後、聖職者がこう尋ねる。
「神は、君を苦しめるために絵を描く才能を与えたのか?」
ゴッホは答える。「神はもしかしたら時を間違えたのかもしれない。神は未来の人々のために僕を画家にしたのだろうか」と。聖職者は、まるで十字架にかけられる前のキリストを見るような視線をゴッホに投げかける。確かに、キリストもそうだった。人々に認められたのは生前ではなく、死後のことだった……自分の見た喜びを人々と分かち合いたくて、ゴッホはその一心で絵筆を取る。しかし世の中は、その情熱を正しく理解できるほどに成熟してはいなかった。
  37歳のゴッホを演じるのは、63歳のウィレム・デフォー。かつて、イエス・キリストを演じたデフォーのゴッホには、多くの苦悩と多くの孤独とともに悟りのような不思議な何かが感じられる。ゴッホが死にゆくときにつぶやく「誰も責めないでくれ」という言葉は、”アガペー”(神の愛)そのものではないだろうか。光がこぼれ落ちるような映像と叙情的なピアノ音楽が、悲しいほど美しい。
  ウィレム・デフォーの鬼気迫る演技を受け止める脇役たちも素晴らしい。聖職者役のマッツ・ミケルセンの静かな佇まいには、冷静さと温かさが同居している。エマニュエル・セニエとマチュー・アマルリックの登場シーンはわずかながら、強烈な印象を残す。ゴッホを見守る彼らのまなざしがあったからこそ、ゴッホは神々しい輝きを放っていたのだろう。(Mika Tanaka)

監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:ウィレム・デフォー、オスカー・アイザック、マッツ・ミケルセン、ルペート・フレンド、マチュー・アマルリック
2018年/イギリス・フランス・アメリカ/111分

At Eternity’s Gate de Julian Schnabel avec Willlem Dafoe, Rupert Friend, Oscar Isaac, Mathieu Almaric, Emmanuelle Seigner; 2018, États-Unis, Royaume-Uni, France, anglais, français, 11mn

https://gaga.ne.jp/gogh/

2月8日(土)〜14日(金)14:40
2月15日(土)〜21日(金)12:35

『真実 特別編集版』
監督:是枝裕和
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ
2019年/日本・フランス/119分

Shinjuku Cinéma Qualité 03-3352-5645
http://qualite.musashino-k.jp/
Uplink Kichijoji 0422-66-5042
https://joji.uplink.co.jp

上映中

『ポゼッション』40周年HDリマスター版
監督:アンジェイ・ズラウスキー
出演:イザベル・アジャーニ、サム・ニール、ハインツ・ベネント、マルギット・カルステンセン、ヨハンナ・ホーファー
1981年/フランス・西ドイツ/124分

www.stingray.co.jp/possession/

qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1226