フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『わたしは、幸福フェリシテ』Félicité
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 64.7 kb
© ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS/2017
『わたしは、幸福フェリシテ』
 
舞台はコンゴの首都、キンシャサ。1000万人の人口を超えるアフリカでも有数の大都市だ。レイプや虐殺が発生し明日の食事にも事欠く人もいれば、一流ブランドのスーツで闊歩する人もいる。むっとする空気が流れるバーでは、男が女を口説きまくり、女は好みの男を探る。そこで、聞こえてくるのが、本能を揺さぶるフェリシテ(ベロ・チェンダ・ベヤ)の歌声だ。フェリシテは、歌うことで生計を立てるシングルマザー。自立し自信に溢れた彼女の生活を変えたのは、彼女の携帯電話に入った1本の知らせだった。彼女の1人息子、サモ(ガエタン・クラウディア)が交通事故に遭ったのだ。フェリシテが病院にかけつけると、サモは脚に大きな怪我を負い、うつろな目で宙をみつめている。すぐに大金を用意しないと手術ができない。わが子を救うため、フェリシテはなりふり構わず資金の調達に動き出す。大切なプライドを次々と手放していく彼女に、どんな救いが待っているのだろう……アラン・ゴミス監督が映画のインスピレーションを得た「カサイ・オールスターズ」のプリミティヴなビートと、地元の教会で奏でる地元のアマチュア楽団「キンバンギスト交響楽団」の温かいハーモニーが、脚本のように主人公の心を語っていく。キンシャサの町の人々を支えているのはキリスト教の精神だが、フェリシテの心模様は、仏教の曼陀羅(マンダラ)のようにも見える。コンゴの深い森から現れる不思議な動物「オカピ」のあどけない目が忘れられない。彼女がなぜ「フェリシテ(幸福)」と名付けられたのか、その由来を知ったとき、映画で描かれる運命が別の意義を持って輝き出してくるような気がする。映画を見終えた後、あなたの心の中にある「フェリシテ(幸福)」がめざめますように。(Mika Tanaka)
 
監督:アラン・ゴミス
出演:ヴェロ・ツァンダ・ベヤ、ガエタン・クラウディア、パピ・ムパカ、カサイ・オールスターズ
2017年/フランス・セネガル・ベルギー・ドイツ・レバノン/129分/リンガラ語・チルバ語・フランス語
 
Félicité d’Alain Gomis avec Véro Tshanda Beya, Gaetan Claudia, Papi Mpaka, le Kasai Allstars; 2017, France, Sénégal, Belgique, Allemagne, Liban; lingala, tshiluba, français, 129 mn
 

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.0.65