フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『黒いスーツを着た男』Trois mondes
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 24.3 kb
© 2012 - Pyramide Productions – France 3 Cinéma
『黒いスーツを着た男』
 
 ELLE誌やVOGUE誌などで大々的に特集が組まれ、アラン・ドロンの再来とフランスメディアが絶賛する新星ラファエル・ペルソナーズの主演作が日本初上陸。犯すつもりのなかった罪を背負った男と、その事故に巻き込まれた二人の女の思惑や葛藤が絡まり合い、ラストまで先の読めないドラマが展開。ヨーロッパの抱える社会問題を浮き彫りにし、命の価値を問う本格クライム・サスペンスだ。物語の主人公は、自動車ディーラーの社長令嬢との結婚を10日後に控えたアル。人生の成功を目の前までたぐり寄せた彼であったが、深夜のパリの街角で友人たちと騒いだ帰り道、男を轢いてしまう。ぼう然自失のアリは友人たちに促され、その場を逃亡するが、その事故の一部始終をアパルトマンの窓からジュリエットが目撃していた。罪の意識と闘いながら会社に出社したアルだったが、目撃者がいることを新聞で知り、動揺する。
 
監督:カトリーヌ・コルシニ
出演:ラファエル・ペルソナーズ、クロチルド・エム、アルタ・ドブロシ、レダ・カテブ
2012年/フランス・モルドヴァ/101分
 
Trois mondes de Catherine Corsini avec Raphaël Personnaz, Clotilde Hesme, Arta Dobroshi, Reda Kateb; 2012, France, 100 mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59