フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『消えた画 クメール・ルージュの真実』L’image manquante
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
L'image manquante 消えた画 クメール・ルージュの真実
L’image manquante 消えた画 クメール・ルージュの真実
『消えた画 クメール・ルージュの真実』
 
フィクションとドキュメンタリー両ジャンルにおいて国際的評価の高いカンボジアの名匠リティ・パニュが初めて自らの過酷な人生を、土人形に託して描いた作品。アカデミー賞外国映画賞にカンボジア映画として初めてノミネートされたほか、第66回カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを獲得した。リティ・パニュにとっては本作が初の日本公開作品となる。彼は、カンボジアの幸せな家庭に育ちながらも、ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる粛清によって、最愛の父母や友人たちを失ってしまう。クメール・ルージュ支配下では、数百万人の市民が虐殺され、カンボジア文化華やかし時代の写真や映像はすべて破棄された。その失われた映画や写真は果たして甦るのか? 犠牲者の葬られた土から作られた人形たちが、35年前の虐殺の成り行きを語り始め、発掘された映像によってその悲劇を紐解いていく。(Tomohiro Mibu)
 
監督:リティ・パニュ
2013年/カンボジア・フランス/フランス語/95分
 
L’image manquante de Rithy Panh avec Randal Douc; 2013, Cambodge, France, en français, 95 mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59