フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『バツイチは恋のはじまり』Un plan parfait
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
Un plan parfait バツイチは恋のはじまり
Un plan parfait バツイチは恋のはじまり
©2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CHTIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
『バツイチは恋のはじまり』
 
『最強のふたり』製作チームが手掛けた本作は、フランスの女性たちの共感を集めたロマンティック・コメディー。シャネルのモデルを務めたこともあるクールビューティーのダイアン・クルーガーが、本作では一転。驚くほどのキュートさで観客を魅了している。歯科医のイザベルは、仕事も完璧なイケメン彼氏のピエールとパリで同棲中。付き合って10年、二人はそろそろ結婚を考え始めていた。しかしイザベルには、結婚になかなか踏み込めない理由があった。それは、「一度目の結婚は必ず失敗する」という、イザベルの家に代々伝わる呪いのようなジンクス。ピエールとの結婚式を数ヵ月後に控え、「何とかしてバツイチにならなくては!」と焦るイザベルの前に、お調子者で全く女気のない旅行雑誌編集者ジャン=イヴが現れる。ピエールとの幸せな結婚生活のため、イザベルは即離婚を目的にジャン=イヴを落とそうとするのだが…。(Tomohiro Mibu)
 
監督:パスカル・ショメイユ
出演:ダイアン・クルーガー、ダニー・ブーン
2012年/104分
 
Un plan parfait de Pascal Chaumeil avec Diane Kruger, Dany Boon; 2012, France, 104 mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59