logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
『毛皮のヴィーナス』 La vénus à la fourrure
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
La vénus à la fourrure 毛皮のヴィーナス
La vénus à la fourrure 毛皮のヴィーナス
© 2013 R.P. PRODUCTIONSMONOLITH FILMS
『毛皮のヴィーナス』
 
「マゾヒズム」の語源となったザッヘル=マゾッホの自伝的小説に着想を得て書かれた戯曲を鬼才・ロマン・ポランスキー監督が映画化。挑戦的な内容に、世界各国で絶賛の渦を沸き起こした。自信家で傲慢な演出家のトマは、舞台「毛皮のヴィーナス」のオーディションで35人の女優たちと会ってきたが、理想の女優を見つけられずにいた。そんな時、無名の女優ワンダがオーディションに遅刻してやってきた。がさつで厚かましく、知性の欠片もないワンダは、手段を選ばず強引にオーディションを懇願。トマは渋々彼女の演技に付き合うことになる。しかし、ステージに上がったワンダは、役を深く理解し、セリフも完璧。彼女を見下していたトマを惹きつけ、圧倒的な優位に立っていく。二人の芝居は熱を帯び、次第にトマは役を超えて、ワンダに身も心も支配されることに心酔。彼は掘り起こされた秘密の欲望に驚きながらも、溺れていく…。
 
監督:ロマン・ポランスキー
出演:エマニュエル・セニエ、マチュー・アマルリック
2013年/フランス・ポーランド/96分
 
La vénus à la fourrure de Roman Polanski avec Mathieu Amalric, Emmanuelle Seigner; 2013, France, Pologne, 96 mn
 

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
ページ先頭へ
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.1.21