フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『サンドラの週末』Deux jours, une nuit
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
『サンドラの週末』Deux jours, une nuit
『サンドラの週末』Deux jours, une nuit
© Les films du Fleuve- Archipel 35- Bim Distribuzione - Eyeworks - RTBF (Télévisions, belge) - France 2 Cinéma
『サンドラの週末』

体調不良で休職していたサンドラだが、復帰が決まった矢先の金曜日、突然上司から解雇を言い渡されてしまう。ただし、16人の同僚のうち過半数がボーナスを諦めればサンドラの復職を認めるという。仲間の復職を認めるのか、ボーナスを選ぶのか、週明けの月曜日に職員による投票で決めることになり、サンドラは同僚を説得するために奔走する……。主人公サンドラを演じるのは、「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」でアカデミー主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤール。本作でも同賞にノミネートされた。サンドラの強く繊細な心の動きに共鳴しつつ、説得を受ける会社の仲間たちの迷いも強く心に響き、等身大の人間の息吹がこの映画の人物たちから感じられる。サンドラが一人一人の同僚と向き合うのは決して金銭的な目的だけではない。生きる自信を取り戻すため、一人の女性が現実に立ち向かう物語である。

監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
出演:マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジォーネ
2014年/ベルギー・フランス・イタリア/95分

Deux jours, une nuit de Jean-Pierre et Luc Dardenne avec Marion Cotillard, Fabrizio Rongione, Christelle Cornil…; 2014, Belgique, France, Italie, 95 mn

www.bitters.co.jp/sandra




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59