フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『わたしの名前は…』Je m’appelle Hmm…
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
Je m'appelle Hmm…
Je m’appelle Hmm…
©Love streams agnès b. Productions
『わたしの名前は…』Je m’appelle Hmm…
 
こどもは親を選べない。
生まれたその瞬間から、こどもたちには決められた父親と母親の存在がある。
そして、親もこどもを選べない。
ただ、こどもとどのように関わっていくのか、決めることはできる。
こどもに何を与えるのか、親はそれを自らの意志で選択できる。
生きることの喜びか、それとも生きることの苦しみか。
この映画を観ていると、その非情を痛感する。
セリーヌの父親がトラック運転手のピート(ダグラス・ゴードン)だったら...と、映画を観終わってから、何度も何度もそのことを仮定してみる。反復したところで映画の筋書きが変わるわけじゃないのに。
セリーヌとピートが教会を訪れるシーンがある。
そこに、救いの光が見えるような気がした。
ピートは神のような愛でセリーヌを包み込んだし、セリーヌはピートにとって、天使のような存在だったから。
ファッションデザイナー、アニエスベーが、アニエス・トゥルブレという本名で、初めて手がけたこの映画は、10年以上前に新聞で目にした記事からインスピレーションを得たという。セリーヌのモデルとなった少女は、今どんな生活を歩んでいるのだろうか。
(Mika Tanaka)
 
監督:アニエス・トゥルブレ(アニエスべー)
出演:ルー=レリア・デュメールリアック、シルビー・テステゥ、ジャック・ボナフェ
2013年/126分/カラー、一部モノクロ
 
Je m’appelle Hmmm… d’Agnès Troublé avec Lou-Lélia Demerliac, Sylvie Testud, Jacques Bonnaffé; 2013, France, 126 mn



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52