フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』Rodin
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 77.4 kb
© Les Films du Lendemain / Shanna Besson
『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』Rodin
 
オーギュスト・ロダンとカミーユ・クローデル。
  この知られ過ぎた2人の関係は、大げさな演出を加えなくとも、十分にドラマチックだ。ロダンの没後100年を記念してジャック・ドワイヨン監督が依頼を受けたのも、当初は史実に忠実なロダンのドキュメンタリー作品だった。しかし彼が選んだのは、自らのイマジネーションを加えて書いた脚本で「フィクションを撮る」という選択だった。フィクションはときとして、事実のみを並べる以上に真実を語ることがある。この作品もしかり。カミーユが、自分が中絶したときのことをロダンになじるシーンがある。そのときにロダンがつぶやいたひと言に、芸術家の性(さが)を感じずにいられない。この映画は1880年、ロダンが40歳の頃から始まる。国から発注された『地獄の門』の製作が思うように進まずに悩むロダン。彼を支えるのは、歯に衣着せぬ言葉で本質をつくカミーユ。そして、カミーユや他のモデルに嫉妬をむき出しにしながらも、決してロダンから離れないローズ。よく知られた人間模様だが、ドワイヨン監督のカメラがとらえたのは、「優柔不断でずるい男」ではなく、「孤独で劣等感の強い男」だった。「ロダンには、悩みを打ち明けられるような相手も、友人もほとんどいなかった」と主演のヴァンサン・ランドンは語る。だからこそ、ロダンは彫刻に打ち込み、時代を超えて人々の理解を求め続けたのだろう。この映画のロダンを知ったとき、彼の彫刻の数々に今でも熱い血がたぎっていることを、感じ取れるのではないだろうか。そして、日本に住む私たちにとって忘れがたいシーンも。箱根 彫刻の森美術館のバルザック像の前で遊ぶ子供たちを見ていたら、嬉しくて愛おしくて涙ぐんでしまった。ドワイヨン監督だからこそ、子供たちをこんなにいきいきと撮ることができたのだろう、きっと。(Mika Tanaka)
 
監督:ジャック・ドワイヨン
出演:ヴァンサン・ランドン、イジア・イジュラン
2017年/120分/PG12
 
Rodin de Jacques Doillon avec Vincent Lindon, Izïa Higelin; 2017, 120 mn, PG12
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59