フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『アルジェの戦い』デジタルリマスター/オリジナル言語版 La Bataille d’Alger
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 60.5 kb
©1966 Casbah Films, Inc. All rights reserved.
『アルジェの戦い』デジタルリマスター/オリジナル言語版 La Bataille d’Alger
 
フランス語に興味を持ち、フランス語圏の人たちとコミュニケーションを取りたいと思った人に、必ず知っていてほしいことがいくつかある。その1つを鮮明に語ってくれるのが、この『アルジェの戦い』だ。1954年から1962年、フランスの支配下に置かれていたアルジェリアは、多くの命の犠牲をもとに独立を勝ち取った。そのときいったい何が起きていたのか?この映画はそのときの状況を淡々と描く。監督は、ジッロ・ポンテコルヴォ。ユダヤ人として生まれ、第二次世界大戦中はレジスタンス運動のリーダーとして活躍したポンテフォルヴォ。ジャーナリストであった彼は、ロベルト・ロッセリーニ監督の『戦火のかなた』を見たことがきっかけで、映画製作へと乗り出す。記録映像は一切使わず、目撃者や当事者らの証言、残された記録などをもとに、彼はドキュメンタリーをつくるかのように、『アルジェの戦い』をつくりあげた。映画に感銘を受けたのは、ヨーロッパの観客だけではない。日本でも多くの観客の心を動かし、1967年の『キネマ旬報』の外国映画年間ベスト・テンで第1位に選ばれる。ジャン=リュック・ゴダール監督の『気狂いピエロ』や、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の『欲望』など、多くの名作が並ぶ中での栄冠だった。(Mika Tanaka)
 
監督:ジッロ・ポンテコルヴォ
出演:ジャン・マルタン、ヤセフ・サーディ、ブラヒム・ハギャグ、トマソ・ネリ、ファウジア・エル・カデル
1966年/原語 La Battaglia di Algeri/イタリア・アルジェリア/モノクロ/121分/フランス語・アラビア語
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59