フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『92歳のパリジェンヌ』La dernière leçon
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 137.6 kb
© 2015 FIDÉLITÉ FILMS - WILD BUNCH - FRANCE 2 CINÉMA - FANTAISIE FILMS
『92歳のパリジェンヌ』La dernière leçon
 
老いを感じ、自分で自分の死を選ぶこと。
それは自分自身への誇りか、それとも命への冒涜か。
「2カ月後の10月17日に私は逝きます」92歳の誕生日に集まった家族たちに、突然、宣言をするマドレーヌ(マルト・ヴィラロンガ)は、この難題に真っ正面から向き合って、決断を下す。当初は、驚きと戸惑いを隠せない息子のピエール(アントワーヌ・デュレリ)と、娘のディアーヌ(サンドリーヌ・ボネール)だったが、2人の受け入れ方は、徐々に違う方向へ向かっていく。
助産師として、社会活動家として胸を張って生きてきたマドレーヌ。こどもや孫にも恵まれ、穏やかで幸せな老後を過ごせるはずの彼女が、なぜこの決断に至ったのか? 生とは何か?死とは何か? 家族とは? 親子とは? 深刻な問いかけが、女性映画監督、パスカル・プザドゥーの手によって軽やかに描かれる。「病院のベッドで死ぬなんてごめんだわ」と、きっぱり言い切るマドレーヌは、間違いなくパリジェンヌ! 
プザドゥー監督はこう語る。「マドレーヌとディアーヌは食べて、飲んで、笑いあう。映画が死に近づけば近づくほど、光の方へ向かうようにしたかった」と。
この映画で、少しでも多くの人が、あたたかい光に包まれますよう。(Mika Tanaka)
 
監督:パスカル・プザドゥー
出演:サンドリーヌ・ボネール、マルト・ヴィラロンガ、アントワーヌ・デュレリ、ジル・コーエン
2015年/106分
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.59