新しいメッセージを投稿する
Replying to:
ルーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーローッパ絵画の真髄 Musée du Louvre Peinture de genre. Scènes de la vie quotidienne

火曜日 2015年2月10日

16世紀から19世紀半ばまでのヨーローッパ風俗画の歴史を一望する本格的な展覧会。
「風俗画」とは、人々の日常生活の情景を描いた絵画で、そこには家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、庭園に集う貴族の男女など、身分や職業を異にする様々な人々の日常がいきいきと描写されている。一方で、必ずしもありのままの現実が描かれているわけではなく、風俗画のなかの日常の装いには、複雑な道徳的・教訓的な意味が込められていることもある。これらを読み解いていくことも、風俗がならではの楽しみといえる。
17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天文学者》が初来日するほか、テッツィアーノ、レンブラント、ルーベンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、ドラクロワ、ミレーなど各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が一同に会する。パリのルーヴル美術館コレクションから厳選された約80点を紹介する大規模な風俗画展となっている。 Nouveau musée national des Beaux-Arts, salle d’exposition 1E, du 21 février au 1er juin 2015 (fermé les mardis sauf les 5 et 26 mai) 国立

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?