新しいメッセージを投稿する
Replying to:
2014年11月フラン・パルレ文庫
S Kobayashi によって
月曜日 2014年11月17日

街道手帖 ジュリアン・グラック著 永井敦子訳 Carnets du grand chemin de Julien Gracq 風濤社 価格:3200円+税 ISBN978-4-89219-384-2
本作品の著者ジュリアン・グラックは、フランスの小説家、評論家である。高等師範学校で地理学を学び、定年までリセ(高等中学校)に勤務しながら、作品を書いた。『アルゴールの城にて』、『シルトの岸辺』などの作品で知られ、シュルレアリスムに影響を受けながらも、比喩が幾重にも重なる詩的な文体を駆使して、独自の世界を築いた。 グラックは、1954年から、読書や芸術鑑賞に触発された日々の試作や目にした風景、さらに過去の経験や歴史をめぐる省察などをノートに綴り始めた。そして1967年の『花文字』を皮切りに、主にそのノートの内容を取捨選択し、編集することによって生涯に7冊の断章集を出版した。本書は、その中の一冊であり、彼の最後の著作である。 本書の構成としては、最初にグラックが旅や散策で出会った風景をめぐる断章がまとめられ、それが全体の約三分の一を占めている。続いて彼のそれまでの人生、とりわけ人生の方向が定まっていった青年期

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?