フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『婚約者の友人』 Frantz
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 59.6 kb
© Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinéma - Films Distribution
『婚約者の友人』
 
1919年のドイツ。若い女性がショーウィンドーのドレスを悲しそうにみつめ、足早に墓地へと向かう。第一次世界大戦で戦死した婚約者の墓参りのためだ。すると、そこには既に花束がたむけられていた。訪れたのはフランス人だったと、墓守が告げる。婚約者・フランツ(アントン・ファン・ルッケ)を失ったアンナは、1人息子を失ったフランツの両親と悲しみを共有しながら、ひとつ屋根の下に暮らしていた。街中が喪に服すさまが、静かなモノクロの映像で描かれる。フランツの墓を訪れたアドリアン(ピエール・ニネ)は、フランツの父親(エルンスト・ストッツナー)が営む医院を訪れるが、アドリアンが敵国のフランス人であることを理由に話も聞かずに追い出してしまう。彼はフランツの友人ではないかと説得するアンナによって、フランツの両親はアドリアンを家に迎え入れることを決心。アドリアンがフランツとの思い出を語り始めると、映像はモノクロからカラーへと変わり、生命の輝きに溢れ出す。ルーブル美術館をめぐる2人、バイオリンを奏でるフランツ。アドリアンにフランツの面影を重ね、アンナと両親は心癒されていくが……原案となったのは、エルンスト・ルビッチ監督の映画『私の殺した男』(1932年)。フランソワ・オゾン版では、原案の結末のさらに先がある。その先とは、ヒロインのアンナがフランスへ渡ったときの行動だ。アドリアンを探し、ルーブル美術館でマネの絵画に見入る。アドリアンが「フランツのお気に入りだった」と語った作品だ。映画のラストでは、アンナの凛とした表情がカラーで映し出される。1914年から1918年までの4年間、第一次世界大戦は、多くの命を奪い、残された人々は愛と生きる喜びを奪われた。そんな中、アンナが生きる希望を取り戻し、婚約者の両親をいたわることができたのは、「嘘」があったから。真実やわかりやすさが求められる時代だからこそ、「嘘についての映画を作りたかった」と語るフランソワ・オゾン監督。嘘といえば、原題の”FRANTZ”も嘘の綴り。ドイツ語表記では”FRANZ”だが、フランス人がよく間違える”FRANTZ”という綴りをそのままタイトルにしたところが、オゾン監督らしい。嘘をつく必要がない、幸せで平和な世の中がいつか訪れますように。(Mika Tanaka)
 
監督:フランソワ・オゾン
出演:ピエール・ニネ、パウラ・ベーア
2016年/フランス・ドイツ/フランス語・ドイツ語/113分/モノクロ・カラー
 
Frantz de François Ozon avec Pierre Niney, Paula Beer; 2016, France, Allemagne, français, allemand, 113 mn
 



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52