フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才
投稿日 2017年2月21日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
Théodore Chassériau Parfum exotique
 
<span class="caps">JPEG</span> - 74.4 kb
テオドール・シャセリオー、《カバリュス嬢の肖像》、1848年 油彩・カンヴァス、カンペール美術館、Collection du musée des beaux-arts de Quimper
カリブ海にあるスペインの旧植民地に生まれたシャセリオーは、家族とともにフランス・パリへ移り住んだのちにその才能を開花させる。11歳という若さにして巨匠アングルの門下 生となり、16歳でサロンデビューしたシャセリオーは当時の評論家を唸らせた。当時の技術力・表現力の高さは今回展示される自画像をみても頷ける。37年間という短い生涯の中、古典主義やロマン主義への傾倒を経て独自の叙情的な画風を探求し、後世の画家に大きな影響を与えた。今回の展覧会では、彼の芸術に影響を受けたギュスターヴ・モローとピュヴィス・ド・シャヴァンヌの作品も展示される。彼の代表作である宗教画・壁画・物語絵は、どの作品にも共通して彼の内面を映すようなエキゾチックな艶やかさが色彩に丸みを与えている印象だ。本国フランスにおいてもシャセリオーの作品をまとめて見る機会が少ない中で、ここ日本において一堂に会すのは世界的にみても貴重な機会といえるだろう。
(Eiko Suzuki)
 
国立西洋美術館
2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日)
休館日:月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:9:30~20:00 ※入館は閉館の30分前まで
※シャセリオー展は土曜日の夜間開館はありません。
 
観覧料金:当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問 「Qui a été le premier maître de Théodore Chassériau?」

締め切りは2017年 3月6日(月)、正午です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31