フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

東京で上映されるフランス語圏映画 2016年6月発信
投稿日 2016年6月13日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Toho Cinémas Chanté 050-6868-5000

上映中

神様メール
神様メール
© 2015 - Terra Incognita Films/Climax Films/Après le déluge/Juliette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage

『神様メール』
ブリュッセルに家族で住む神様の娘エア。人間が抱く慈悲深いイメージとは裏腹に、神様はいたずら好きで性格も荒々しい。パソコンを使って人間の運命に災いをもたらしては楽しむ日々を送っていた。そんな神様に翻弄される人間に自由になってもらうため、エアは神様のパソコンから人間に余命を伝えるメールを送信する。長男イエスがエアに「自分が12人しか集められなかった使徒を18人に増やせば奇跡が起こる」と助言し、残りの6人と接触するため、エアは人間の世界へと向かうのだった。
死へのカウントダウンが表示されるメール画面を見ながら人々はどう行動するのか?思わず「いま自分に余命を宣告されたらどうするだろう」と考えてしまう。聖書の有名な場面をパロディ化していて宗教的な風刺も感じさせるが、使徒の個性と奇想天外なストーリー性によって難しさは感じずに誰もが楽しめる。エアが人間に伝えたかったメッセージをぜひ感じ取ってほしい。(スズキエイコ)

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマン
出演:ピリ・グロワーヌ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ブノワ・ボールヴールド、フランソワ・ダミアン
2015年/フランス・ベルギー・ルクセンブルク/115分

http://kamisama.asmik-ace.co.jp/

National Film Center 03-5777-8600
http://www.momat.go.jp/

6月18日(土)〜7月10日(日)
EUフィルムデーズ2016>
※当サイトでは、フランス語関連の作品のみを掲載

7月3日(日)17:00、6日(水)13:00
『イタリアのある城で』Un château en Italie
監督:ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ
2013年/フランス語・イタリア語/104分/Blu-ray

7月5日(火)19:00、10日(日)16:15
『アルデンヌ』D’ardennen
監督:ロビン・プロント
2015年/ベルギー/オランダ語・フランス語/93分/DCP

www.eufilmdays.jp




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.22