フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服
投稿日 2016年3月15日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
 
クリスチャン・ラクロワ イヴニング・アンサンブル 《クー・ド・ルーリ》 1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
クリスチャン・ラクロワ イヴニング・アンサンブル 《クー・ド・ルーリ》 1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
19世紀後半に始まったオートクチュールの現代に至る歴史を、アール・デコやシュルレアリスムといったアートとの関わり、またコルセットからの解放や世界恐慌、第二次世界大戦、そして大量消費社会等の時代の移り変わりとともに概観する一大ファッション史ともいえる展覧会。パリ・モードの殿堂であるガリエラ宮パリ市立モード美術館館長オリヴィエ・サイヤール氏が監修し2013年にパリで人気を博した展覧会を再構成したもので、シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、ジヴァンシィ、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルチエ、クリスチャン・ラクロワ、アライアらが生み出してきた時代を映し出す美しいシルエットの数々、また刺繍、羽根細工、コサージュなど脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技をドレス、小物、デザイン画、写真など合わせて約130点で紹介する。
 
ガリエラ宮パリ市立モード美術館のコレクションによってオートクチュールの歴史を紹介する展覧会は日本では本展が初めて。手作業で行なわれる独自の高度な技術によって生み出される二つとしてない作品に出会える機会となっている。
 
三菱一号館美術館
2016年3月4日(金)〜5月22日(日)
休館日:月曜日(ただし、祝日と5月2日、16日は開館)
開館時間:10:00-18:00 (金曜、会期最終週平日は20:00まで)
料金:一般1700円 高校・大学生1000円 小・中学生500円
お問合せ:03-5777-8600
読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問「Comment s’appelle le grand couturier qui a dessiné la robe de la photo?」

締め切りは2016年 4月4日(月)、正午です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.22