フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

舞台劇『私もカトリーヌ・ドヌーブ』PV映像

2015年に日本で初上演され好評を博した舞台劇の映像が、演出にあたった劇作家のコメントと共にYou Tubeにアップされました。

投稿日 2016年2月19日
最後に更新されたのは 2016年2月23日

Rika S によって
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
2015年9月、舞台劇『私もカトリーヌ・ドヌーブ』が東京で上演されました。フランスで2006年にモリエール賞を受賞した話題作で、原作者のピエール・ノットが直々に演出に携わった待望の日本上演です。
 
パリ郊外の平凡な家庭が崩壊していく様を描いた、悲劇的な喜劇という話題の異色作。子供たちを抑圧する母親。長女はある日突然、自分はフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴだと宣言し、次女はリストカットをし、架空の客に向かってシャンソンを歌い続ける。沈黙の殻に閉じこもり一言も口をきかない息子。。。横暴な母親に耐えられなくなった子供たちが巻き起こす、家族の破綻を描いた物語です。作者自身が作曲した美しいシャンソンにのせて、狂おしくも愛おしい世界が展開され好評をはくしました。
 
作・演出のピエール・ノットは、劇作家、演出家、俳優、音楽家といった多彩な顔を持ち、現代フランス演劇に大きな刺激を与え続けている演劇人。フラン・パルレでも、以前、インタビューを行っています(http://www.franc-parler.jp/spip.php...)
 
日本公演の様子がノットのコメントと共にYou Tubeにアップされました。是非ご覧下さい!

ピエール・ノットのコメント全文はこちら:
Moi aussi je suis Catherine Deneuve à Tokyo à l’été 2015. C’est une pièce qui parle du langage, qui évoque la question du langage chez des individus qui ne parviennent plus à se parler. Des individus qui ont tous des crises d’identité terribles, loufoques, catastrophiques, désastreuses, tragiques et qui ne parviennent plus à se dire leur amour au sein même de leur famille. 2015年夏、東京で上演された『私もカトリーヌ・ドヌーブ』。これは言葉をテーマにした作品で、話し合うことができなくなってしまった人々の間で起こる言葉の問題について語っています。登場人物は全員、アイデンティティーの危機を抱えています。それは恐ろしく、滑稽で、悲惨で痛ましく、悲劇的な危機であり、彼らは家族間においてですらお互いへの愛情を表現することができなくなってしまった。
Ils ne parviennent plus à se dire qu’ils s’aiment. Et ils vont chanter, ils vont se taire, ils vont bafouiller, ils vont faire des erreurs. 相手を愛していることを口に出すことができないのです。そこで彼らは、歌ったり、黙り込んだり、口ごもったり、過ちを犯したりします。
J’ai mis en scène la pièce à Tokyo alors que la pièce a été présentée aux États-Unis, en France, en Italie, dans différents pays. 私は東京の舞台を演出しましたが、作品はアメリカ、フランス、イタリアなど様々な国で上演されています。
Et pour la première fois, je la mettais moi-même en scène, en japonais, à Tokyo. J’ai adoré travaillé avec Yoko Kanze, avec Akiko, avec Natsuki, avec Kazu, avec deux interprètes assistantes, Yu et Masako, la traduction de Machiko, formidable, très formidable. 東京では、生まれて初めて日本語の舞台を演出しました。観世葉子、小林亜紀子、菅原奈月、高橋和久、二人のアシスタント通訳の山上優と八木雅子、みんなと一緒に仕事をするのは本当に楽しかった。簗瀬真知子・ラヴォー(Raveau)の翻訳は素晴らしかった、とても!
Pour un travail que j’ai adoré mener là-bas, à Tokyo, que j’espère reprendre à Tokyo, au Japon. Que j’aimerais beaucoup pouvoir présenter en France, à Paris parce que c’est pour moi comme un bijou noir. 東京での作業が非常に楽しかったので、また東京で仕事をしたいと願っていますが、同様に、フランスのパリでも是非上演できればと思っています。この作品は僕にとって黒い宝石のようなものだから。
Une chose formidablement taillée par des acteurs très engagés et très présents, une assiduité exceptionnelle des comédiens sur le plateau, en répétition. 役に入り込んだ、存在感溢れる俳優たちによって素晴らしく作りこまれたもの、舞台稽古に打ち込む彼らの桁外れの勤勉さ。
Tout ça pour créer un petit objet, très noir, très beau, dans des lumières magnifiques, une installation scénographique de Joji qui a fait un travail exceptionnel, d’une rigueur, d’une perfection totale. 全てが、まばゆい照明の中に、とても暗くとても美しい小さな対象を作り出すためにありました。藤森條次は素晴らしい仕事をしてくれて、舞台装置は細部にわたり全く完璧でした。
Je suis très fier, très heureux de ce travail que j’aimerais beaucoup représenter, qui raconte les catastrophes d’une famille, les catastrophes d’individus qui ensemble ne parviennent plus à se dire qu’ils s’aiment et qui, peu à peu, vont parvenir à se réconcilier. 僕はこの仕事を非常に誇らしく、幸せに思います。ある家族に起きた悲劇を語ったこの作品を、是非ともまた上演したい。一緒になるとお互い愛していることを口に出せなくなってしまった登場人物たちの悲劇と、彼らが少しずつ和解していく様を。
(Transcription et traduction réalisées par Franc-Parler
テープ起し・翻訳: フラン・パルレ
* Franc-Parler propose ce genre de services, veuillez nous contacter si vous en avez besoin.
フランパルレではこのようなサービスもご提供しております。ご希望の方はお問い合わせください)



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.22