フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉
投稿日 2016年1月26日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
《脚付杯 ひなげし》
《脚付杯 ひなげし》

被せガラス、マルケットリー、手彫り、脚台熔着
1900年(1900年パリ万国博覧会出品作)
北澤美術館蔵

エミール・ガレ(1846-1904)は、花や昆虫などの自然をモチーフとした作風で知られ、ヨーロッパ19世紀末の装飾様式「アール・ヌ−ヴォ−」の立役者の一人でもある。自然の描写を通して抽象的な概念を表現することでガラスや木工家具を単なる装飾ではなく哲学的な世界観を表す芸術作品へと昇華させている。

 このようなガレの制作背景には、植物学への強い情熱があった。約3,000種を育てていた広大な庭や豊かな自然の中で、つぶさに植物を観察して論文を書き、その進化やライフサイクルにも強い関心を寄せていた。またフランス国立園芸協会などの中心的なメンバーとしても活躍しており、この筋金入りの「植物マニア」のガレだからこそ、ガラス器自体を球根や花弁の形にするような奇抜なアイディアが生まれていったのだろう。

 本展では、所蔵するオルセ−美術館でも滅多に公開されない水彩のデザイン画を実作のガラス作品と共に100年ぶりに展示するほか、植物に魅せられた一人の男がその生命や象徴性を追求した表現として、ガレの作品を紹介している。

東京都庭園美術館(本館・新館)

2016年1月16日(土)〜 4月10日(日)
休館日:第2・第4水曜日
開館時間:10:00-18:00 ※ただし、3月25日、26日、4月1日、2日、8日、9日は夜間開館のため20:00まで。
料金:一般1100円 大学生880円 中・高校生・65才以上550円 小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
※その他各種料金制度あり。

お問合せ:03-5777-8600
www.teien-art-museum.ne.jp/

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問「Quelle fleur est représentée sur la coupe?」

締め切りは2016年 2月8日(月)です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31