フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

Film en français à Tokyo au 1er juin 2015
投稿日 2015年5月30日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Shinjuku Musashinokan 03-3354-5670
shinjuku.musashino-k.jp/
Human Trust Cinéma Yurakucho 03-6259-8608
www.ttcg.jp
Yebisu Garden Cinéma 0570-783-715
www.unitedcinemas.jp/yebisu/

À l’écran
上映中

Mommy/マミー
Mommy/マミー
Crédit photo: Shayne Laverdière / © 2014 une filiale de Metafilms inc.

Mommy de Xavier Dolan avec Anne Dorval, Antoine Olivier Pilon, Suzanne Clément; 2014, Canada, 138 mn, PG12
「Mommy / マミー」舞台は2015年、架空のカナダの新政権で法案が可決されたが、それはある親子の運命を大きく左右した。気の強いシングルマザーのダイアンと、その息子スティーヴ。15歳になるスティーヴには発達障がいがあり、時折みせる息子の攻撃的な面にダイアンは右往左往していた。そんな親子にきっかけを与えたのは向かい側の家に住む休職中の高校教師、カイラだった。彼女は精神的なストレスから吃音に苦しみ、引きこもりがちな生活をしていたが、彼女もまた二人と過ごすうちに変化をしていく。スティーヴと意気投合したカイラは、自ら家庭教師を買って出る。親子の関係も落ち着きはじめ、すべてが快方に向かうと思われたが……。表面的な愛や希望ではなく、本当の意味で相手を想うとはどういうことなのか。カナダアカデミー賞9冠、カンヌ国際映画祭では審査員特別賞を受賞し、世界の映画界を刺激し続けるグザヴィエ・ドラン監督の最新作。
監督:グザヴィエ・ドラン
出演:アンヌ・ドルヴァル、スザンヌ・クレマン、アントワン=オリヴィエ・ピロン
2014年/カナダ/138分/フランス語/PG12

http://mommy-xdolan.jp

Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp
Human Trast Cinéma Yurakucho 03-6259-8608
www.ttcg.jp

À l’écran
上映中

『サンドラの週末』Deux jours, une nuit
『サンドラの週末』Deux jours, une nuit
© Les films du Fleuve- Archipel 35- Bim Distribuzione - Eyeworks - RTBF (Télévisions, belge) - France 2 Cinéma

Deux jours, une nuit de Jean-Pierre et Luc Dardenne avec Marion Cotillard, Fabrizio Rongione, Christelle Cornil…; 2014, Belgique, France, Italie, 95 mn
「サンドラの週末」
体調不良で休職していたサンドラだが、復帰が決まった矢先の金曜日、突然上司から解雇を言い渡されてしまう。ただし、16人の同僚のうち過半数がボーナスを諦めればサンドラの復職を認めるという。仲間の復職を認めるのか、ボーナスを選ぶのか、週明けの月曜日に職員による投票で決めることになり、サンドラは同僚を説得するために奔走する……。主人公サンドラを演じるのは、「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」でアカデミー主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤール。本作でも同賞にノミネートされた。サンドラの強く繊細な心の動きに共鳴しつつ、説得を受ける会社の仲間たちの迷いも強く心に響き、等身大の人間の息吹がこの映画の人物たちから感じられる。サンドラが一人一人の同僚と向き合うのは決して金銭的な目的だけではない。生きる自信を取り戻すため、一人の女性が現実に立ち向かう物語である。
監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
出演:マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジォーネ
2014年/ベルギー・フランス・イタリア/95分

www.bitters.co.jp/sandra

Ciné Switch Ginza 03-3561-0707
www.cineswitch.com

À partir du 6 juin
6月6日(土)より
Marie Heurtin de Jean-Pierre Améris avec Isabelle Carré, Ariana Rivoire, Brigitte Catillon, Gilles Treton…2012, France, 94 mn
「奇跡のひと マリーとマルグリット」
監督:ジャン=ピエール・アメリス
出演:イザベル・カレ、アリアーナ・リヴォアール、ブリジット・カティヨン
2014年/94分

www.kiseki-movie.jp

Yebisu Garden Cinéma 0570-783-715
www.unitedcinemas.jp/yebisu/

À partir du 13 juin
6月13日(土)より

画家モリゾ マネの書いた美女 名画に隠された秘密 Berthe Morisot
画家モリゾ マネの書いた美女 名画に隠された秘密 Berthe Morisot
© K’ien Productions - 2012

Berthe Morisot de Caroline Champetier avec Marine Delterme, Alice Butaud, Malik Zidi, Bérengère Bonvoisin…; 2013, France, 100mn
「画家モリゾ マネの描いた美女 名画に隠された秘密」
本作は、19世紀の女性画家ベルト•モリゾが画家として成功するまでをエドゥアール•マネとの関係を中心に描いた作品である。
ベルト•モリゾは女性画家の先駆的人物であると同時に、マネの絵のモデルとしても名高い。『バルコニー』『すみれの花束をつけたベルト•モリゾ』等で、我々は彼女の姿を見ることができる。彼がモリゾに与えた影響は大きく、この運命的な出会いにより、彼女の人生は変容していく。
当時は、裕福な家庭の女性は結婚して家庭に入ることが当たり前であり、女性の社会的地位が確立していなかった。モリゾは戦争に翻弄されながらも、女性として、画家としての自分の生き方に迷い、信念を貫こうと夢を追い求める。これは普遍的なテーマであり、恋愛、結婚、仕事との狭間で悩む現代人の胸を打つ。
また、パリ16区のサロンや、マネの名画の数々、印象派誕生の過程がみられるなど、フランス美術史ファンにもたまらない内容となっている。
半田麻夕

監督:カロリーヌ・シャンプティエ
出演:マリーヌ・デルテリム、アリス・バトード、マリック・ジディ
2012年/100分

Shinjuku Cinéma Qualité 03-3352-5645
http://qualite.musashino-k.jp/

Jusqu’au 26 juin
6月26日(金)まで
<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2015>
新作・旧作・未公開作、全50タイトル一挙上映。
※当サイトではフランス語圏作品のみ掲載

5月30日(土)13:00、6月11日(木)21:15、17日(水)10:30
「孤独の暗殺者/スナイパー」 Through the air
監督:フレッド・グリヴォイス
出演:レダ・カデブ、リディヴィーヌ・サニエ
2014年/98分

6月5日(金)18:30
「ドーベルマン」 Dobermann
監督:ヤン・クーネン
出演:ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ
1997年/103分

National Film Center 03-5777-8600
http://www.momat.go.jp/

Jusqu’au 21 juin
6月21日(日)まで
EUフィルムデーズ2015>
欧州連合加盟国の近作を一堂に集め、ヨーロッパ社会・文化の多様性を紹介。
※当サイトではフランス語圏作品のみ掲載

6月5日(金)15:00、13日(土)14:00
「スザンヌ」 Suzanne
監督:カテル・キレヴェレ
出演:
2013年/94分/DCP

6月13日(土)11:00
「ブルーベリーの味」 Le goût des myrtilles
監督:トマ・ド・ティエール
出演:
2014年/90分/ベルギー・ルクセンブルク/Blu-ray

Shimotakaido Cinéma 03-3328-1008
www.shimotakaidocinema.com

Du 13 au 19 juin à 14h50
6月13日(土)〜19日(金)14:50
Diplomatie de Volker Schlôndorff avec Niels Arestrup, André Dussolier; 2014, France, Allemagne, 83 mn
「パリよ永遠に」
監督:フォルカー・シュレンドルフ
出演:
2014年/フランス・ドイツ/83分

Du 15 au 20 juin à 21h00

さらば、愛の言葉よ Adieu au langage 3D
さらば、愛の言葉よ Adieu au langage 3D
© 2014 Alain Sarde - Wild Bunch

6月15日(月)〜20日(土)21:00
Du 20 au 26 juin à 19h20
6月20日(土)〜26日(金)19:20

Adieu au langage de Jean-Luc Godard avec Héloïse Godet, Kamel Abdelli, Richard Chevallier; 2014, 69 mn, R15+
「さらば、愛の言葉よ」
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:エロイーズ・ゴデ、カメル・アブデリ、リシャール・シュヴァリエ、ゾエ・ブリュノー
2014年/59分/R15/2D上映




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31