フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

ネリー・ロディ、ネリ−・ロディ社(パリ)創立者・クリエイティブ•ディレクター
投稿日 2009年12月1日
最後に更新されたのは 2016年9月2日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
ネリー・ロディ:創造することは、予測すること
 
モード、室内装飾、化粧品に代表される、こういった分野の絶え間ない活動は、顧客の行動や好みを先取りする必要がある。その点において、パリに拠点を置く流行コンサルティング会社、ネリー・ロディ社は関わっているのである。この会社の創立者であり、クリエイティブ・ディレクターでもあるネリー・ロディは、世界中の顧客間で培ったノウハウを、繊維メーカーの東レや化粧品会社シュウ・ウエムラにもたらしている。
 
<span class="caps">JPEG</span> - 82.4 kb
フラン・パルレ:顧客の方々は御社に何を求め、どんなサービスを期待していらっしゃるのでしょうか。
ネリー・ロディ:私達が提供しているサービスは2種類あります:まず将来の傾向を予測するトレンド情報ブックです。一昨日、私は顧客メーカーに向けて「2011年夏の傾向」として色、素材、フォルムの粗描やシルエットについての情報を提供しました。2つ目のサービスは、それぞれのブランドに応じた特別な、特定契約です。従ってトレンド情報ブックや、音声や映像による情報、トレンドレポートでは、あらゆるタイプの顧客に向けて同じ情報を提供しているのに対し、特別契約は勿論、企業に応じて適用するものなのです。
 
フラン・パルレ:そのトレンド情報ブックはどのように作成されるのですか?
ネリー・ロディ:私達には作成の手順があり、それはおよそ6ヶ月にわたります。つまり、まずは作成チーム、ファッションデザイナー、モード業界の人、さらに社会学者やマーケティング業界の人たちを加えてブレーンストーミングを行います。意見交換をした後、私がこのクリエイティブなブレーンストーミングの結果、作られた様々なシナリオに応じて決断をします。向こう2年間で最も重要であると私が思えるものを決定します。その際、製作に入る為に、写真を撮ります。ちょうどまあ映画のストーリーボードの様に、ストーリーコンセプトを作り上げます。それから服、アクセサリーの写真を撮るのです。次にデッサンを描いて、カラー見本を作ります。こんな感じです。その後でトレンド情報ブックを作成して行くのです。年間に2シーズン分作ります。シーズン毎に私達は10数冊のブックを作成し、そのうちの1冊では色、他のブックでは生地、3冊目ではプリント柄見本、4冊目で婦人または紳士用プレタポルテの形、または化粧品やインテリアに関するレポートを載せています。
 
フラン・パルレ:御社では香水も作られていますよね?
ネリー・ロディ:そうです。私どもの会社はコンセプトの段階を受け持っています。私達は何をしているかというと:私の息子のピエール・フランソワ・ル・ルエットが現在は弊社の指揮を執っていますが、彼が、ある香水を創ったのです。なぜなら彼はロレアル社に以前居たことがあるからです。それで様々な香水からヒントを得てニッチな香水を創りました…香水で出来たピアノ(鍵盤タッチに応じて香水の種類や強さが選べる)のようなもので、色々な香りを混ぜることで個性を際立たせ、その人だけの香水を創る事が出来るのです。でもまあ、それは私達の仕事ではありませんが。私達がそれを創ったのは、顧客の方々に品質が良ければ、ニッチな香水も面白いものだということをはっきりと示す目的が強かったのです。私達の仕事は、もっと一般的な流行調査にあります。私達は香水の分野で仕事をしていますし、今まで多種多様な香水の仕事をしてきましたが、それはコンセプトの始めのところで関わっているのです。
 
フラン・パルレ:経済危機についてですが、市場予測において、その影響を感じていらっしゃいますか?
ネリー・ロディ:ええ、とても感じています。まず市場予測においては、真っ先に私達の顧客企業に影響が出ています。従って自動的にあちこちに影響します。勿論、この経済危機はかなり強力で全世界的なものです。それに個人的には、これは本格的な社会の変化で、単なる金融危機よりももっとずっと影響があるものだと思います。それから市場予測では、私は小さな希望のサインを見いだしているのです。なぜなら2011年夏の色において、みんなが、あらゆるシナリオや、検討会において、新鮮さや、素朴さ、より多くのビタミンカラーを欲していたからです。だからそのことで、それで少しは楽観的な予測が出来るのです。色彩は常に周りの空気と一致します。今までは大量の灰色、くすんだ色、グレーイッシュ・カラーが流行りました。新しい一歩を踏み出す意味で白もありました。昨年夏は、混じり気のないピュアホワイトで気分刷新という感じでした。そこで、次に来る夏では、本来の色への回帰があるだろうと感じるわけです。だから、これがおそらく再スタートのサインになりうるのです。
 
フラン・パルレ:色に関してですが、御社のロゴにはシルバーを選ばれましたね。それは…
ネリー・ロディ:メタルカラーだからです。シルバーは月の様な外観を持っています。ゴールドの、太陽の様な外観に比べると。その理由は、私達は現在、より月の時代に生きていると思うからなのです。月の、という時には、それは派手過ぎず、より闇に近く、より秘密めいて、ミステリアスであると言いたいのです。だからシルバーなのです。以前は、緑色を用いていたのですが、それは偶然ではなく、オーガニックの精神を意識して青リンゴ色にしていました。それから変更して、現在はシルバーにして3年かそこらは経つでしょうか。ロゴには常にある程度の強さのあるメッセージをこめるように努めています。
 
フラン・パルレ:ちょっと使い古されたイメージでしょうか?パリはモードの中心地、と言うと。
ネリー・ロディ:でも、その通りでしょう。個人的には、つまるところパリは、とても広い意味でクリエイション(創作)の中心地で、ファッションの分野だけではないと思います。フランスには(他の分野にも)素晴らしいデザイナー世代が居て、クリエイターの活動分布を塗り替えています。彼らがファッション分野のクリエイターにチャレンジしているとさえ言えるかもしれません。そう、それから新しいアーティストの集団も居ます。パリではあらゆることが行われています:創作のシェアリング、自らを高める為に集まってグループで活動する、など。パリ全体が殆どアーティストの共同借家のようです。確かに、パリ自体、何かとても強力なもので、今のところは他の首都に比べるとそうで有り続けていると私は思います。
 
フラン・パルレ:グローバリゼーションによって好みや傾向が画一化するリスクは感じていらっしゃいませんか?
ネリー・ロディ:それは感じます、でも同時に、消費者の側から、ヴィンテージの使用や、昔の装いのリミックス、古い上着を再生し、上から何か刺繍を施すなどのカスタマイズ需要が出て来ています。それは現在アーティストの集団や、新しいデザイナーや新進クリエイターがやっていることでもあります。それらが将来の道、衣服を最大限個別化するということです。だから基本は大量生産かもしれませんが、その後は、個別化する道を見つけていかなければなりません。まさに画一化との決別です。だから中国や他で生産しているあらゆる大手チェーンは皆、一つの店舗から他に回ってみても、同じ製品を置いているのです…個人的には、私は大規模チェーン店よりはミニ店舗への回帰に賛同します。つまり私が回帰と言う時は、新しい形で、という事です。私達は今、販売の形と同時にモード、個別化の形を再び考案しているところです。
 
2009年12月
インタヴュー:プリュウ・エリック
翻訳:粟野みゆき



チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

2017-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.52