フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

新印象派ー光と色のドラマ Le néo-impressionnisme de la lumière à la couleur
投稿日 2015年1月28日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

20世紀へつながる絵画の革新を推し進めた運動のひとつ、「新印象派」に注目し、その誕生から約20年間の流れを紹介する展覧会。

ジョルジュ•スーラ 『セーヌ川、クールブヴォワにて』Georges Seurat La Seine à Courbevoie
ジョルジュ•スーラ 『セーヌ川、クールブヴォワにて』Georges Seurat La Seine à Courbevoie
1885年 油彩 カンヴァス 81 x 65.2 cm 個人蔵 © Droit Réservé

新印象派とは、1880年代に誕生し、印象派の色彩への追求をさらに発展させた美術運動である。印象派は、流れる水面や陽光のうつろいなど、自らの目に映る世界を描き出そうとした。新印象派は、そんな印象派の直感的な色彩追求に対して、最新の光学や色彩理論を用いて、より科学的な色彩表現を求めていった。新印象派の科学的色彩追求の結果、小さな色の点で画面を構成する点描技法が生まれたのである。そして、新印象派の画家たちは、次第に、目に見える世界をそのまま再現することよりも、色彩そのものの持つ表現力へと関心を移していく。その結果、20世紀初頭のフォーヴィスムが誕生する源泉ともなっていくのである。
この展覧会では、印象派のモネの作品から始まり、スーラ、シニャックによる新印象派初期の作品、その後フランスやベルギーで次々と生み出された多様な新印象派の作品、さらにマティス、ドランの色彩溢れる作品を紹介していく。年代順に登場する様々な画家の作品を通じ、新印象派の誕生以前からフォーヴィスムまでの歴史を追体験できる、新印象派を知る絶好の展覧会である。
Musée métropolitain d’art de Tokyo jusqu’au 29 mars 2015 (fermé le lundi)
東京都美術館 企画展示室
2015年1月24日(土)〜3月29日(日)
月曜日休室
9:30〜17:30(金曜日は20:00まで) ※入室は閉室30分前まで
料金:一般1600円 学生1300円 高校生800円 65歳以上1000円
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://neo.exhn.jp/

今日、もしも時間があったら話そうね!

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問「Qui est l’auteur du tableau?」

締め切りは2015年2月6日(金)です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。




チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.22