フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

東京で上映されるフランス語圏映画 2014年10月発信
投稿日 2014年9月30日
最後に更新されたのは 2014年10月21日

Tomohiro Mibu によって
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Polé Polé Higashinakano 03-3371-0088
www.mmjp.or.jp/pole2/
Cinéka Omori 03-3762-6000
http://www.ttcg.jp/cineka_omori

Polé Polé Higashi Nakano, Jusqu’au 10 octobre
ポレポレ東中野、10月10日(金)まで
Cinéka Omor, du 11 au 24 octobre
キネカ大森、10月11日(土)〜24日(金)

Le grand silence 大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院
Le grand silence 大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

Die große Stille (Le grand silence) documentaire de Philip Gröning sur les moines de la Grande Chartreuse; 2005, Allemagne, France, Suisse, en français, 169 mn
「大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」 カトリック教会の中でも厳しい戒律で知られるカルトジオ会の男子修道院である、フランスアルプス山脈に建つグランド・シャルトルーズ修道院を撮影した異色のドキュメンタリー。フィリップ・グレーニング監督は、これまで内部が明かされることがなかった同修道院に撮影を申し込み、撮影許可を得るために16年の歳月をかけたという。修道会との約束に従い、2時間49分にわたる本編には礼拝の聖歌のほかには音楽をつけることもなく、ナレーションも一切つけられていない。修道士たちは、毎日を祈りに捧げ、一生を清貧のうちに生きている。会話は日曜の昼食後、散歩の時間にのみ許され、俗世間から完全に隔絶された孤独のなか、何世紀にもわたって変わらない決められた生活を送っている。あるがままの美しい映像が映し出された本作は、公開されるやヨーロッパをはじめ各国で大きな反響を呼び、多数の映画賞を受賞した。
監督:フィリップ・グレーニング
2005年/フランス・スイス・ドイツ/169分

http://www.ooinaru-chinmoku.jp

Kadokawa Cinéma Yurakucho 03-6268-0015
www.kadokawa-cinema.jp
Shinjuku Cinéma Qualité 03-3352-5645
http://qualite.musashino-k.jp/

À l’écran
上映中

Yves Saint Laurent イヴ•サンローラン
Yves Saint Laurent イヴ•サンローラン
©WY productions - SND - Cinefrance 1888 - Herodiade - Umedia

Yves Saint Laurent de Jalil Lespert avec Pierre Niney, Guillaume Gallienne, Charlotte Le bon, Laura Smet; 2014, France, 106 mn, PG12
「イヴ・サンローラン」20世紀から現在に至るまで、揺るぎなき地位を築いた伝説のファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。公私ともにサンローランのパートナーだったピエール・ベルジェ氏が本作のために全面協力。イヴ・サンローラン財団が所有するアーカイブ衣装貸出しの許可も得て、天才デザイナーの華麗なるキャリアと人生の、喝采と孤独を描きだしている。イヴ・サンローラン役に抜擢されたのは、国立劇団コメディ・フランセーズに在籍するピエール・ニネ。そのピュアな存在感と美しい素顔で人気を集めた。1957年、パリ。21歳の若さで故・クリスチャン・ディオールの後継者に指名された新進デザイナー、イヴ・サンローランは、初めてのコレクションをいきなり成功させ、一躍世界の注目を集める。世界のファッションの歴史を変える一方で、表現者ゆえの孤独とプレッシャーに苦しみ、薬物やアルコールに依存するようになっていく…。
監督:ジャリル・レスペール
出演:ピエール・ニネ、ギヨーム・ガリエンヌ、シャルロット・ルボン、ローラ・スメット
2014年/106分/PG12

ysl-movie.jp

Human Trust Cinéma Yurakucho 03-6259-8608
www.ttcg.jp/human_yurakucho/

À l’écran
上映中

Un plan parfait バツイチは恋のはじまり
Un plan parfait バツイチは恋のはじまり
©2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CHTIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN

Un plan parfait de Pascal Chaumeil avec Diane Kruger, Dany Boon; 2012, France, 104 mn
「バツイチは恋のはじまり」『最強のふたり』製作チームが手掛けた本作は、フランスの女性たちの共感を集めたロマンティック・コメディー。シャネルのモデルを務めたこともあるクールビューティーのダイアン・クルーガーが、本作では一転。驚くほどのキュートさで観客を魅了している。歯科医のイザベルは、仕事も完璧なイケメン彼氏のピエールとパリで同棲中。付き合って10年、二人はそろそろ結婚を考え始めていた。しかしイザベルには、結婚になかなか踏み込めない理由があった。それは、「一度目の結婚は必ず失敗する」という、イザベルの家に代々伝わる呪いのようなジンクス。ピエールとの結婚式を数ヵ月後に控え、「何とかしてバツイチにならなくては!」と焦るイザベルの前に、お調子者で全く女気のない旅行雑誌編集者ジャン=イヴが現れる。ピエールとの幸せな結婚生活のため、イザベルは即離婚を目的にジャン=イヴを落とそうとするのだが…。
監督:パスカル・ショメイユ
出演:ダイアン・クルーガー、ダニー・ブーン
2012年/104分

batsu-koi.com

Shinjuku Musashino-kan 03-3354-5670
shinjuku.musashino-k.jp/

Jusqu’á la fin octobre
10月下旬まで
Les garçons et Guillaume, à table! de et avec Guillaume Gallienne avec André Marcon, Françoise Fabian; 2013, France, Belgique, 87mn français-anglais

Les garçons et Guillaume, à table! 不機嫌なママにメルシィ!
Les garçons et Guillaume, à table! 不機嫌なママにメルシィ!
©2013 LGM FILMS, RECTANGLE PRODUCTIONS, DON’T BE SHY PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 3 CINEMA, NEXUS FACTORY AND UFILM

「不機嫌なママにメルシィ!」本年度セザール賞で作品賞、主演男優賞を含む5部門を制覇した感動作。フランスが誇る国立劇団コメディ・フランセーズの演技派俳優ギヨーム・ガリエンヌは、初監督作となる本作で、主人公の“ボク”だけでなく、女装姿の“ママ”役の、一人二役に挑戦している。「開演5分前」の声に、ステージに向かうギヨーム・ガリエンヌ。俳優としての成功を手にした彼は、自分の青春時代を舞台で演じることになった。エレガントなママに憧れていたギヨームは、女の子っぽく育てられたために、家族からは100%ゲイだと思われていた。なんとか彼を男らしくさせたいと思ったパパに無理やり男子校に入れられたギヨームは、そこでイジメにあってしまう。さらに転校先のイギリスでは男子生徒に大失恋してしまい、人生最初の絶望を味わう。うまくいかない人生に疑問を感じた彼は、“本当の自分”を探す旅に出ることにするのだが…。
監督・出演:ギヨーム・ガリエンヌ
出演:アンドレ・マルコン、フランソワーズ・ファビアン、ダイアン・クルーガー
2013年/フランス・ベルギー/87分/仏語・英語

www.cetera.co.jp/merci

Cercle de lecture Franc-Parler par l'École <span class="caps">FL</span>:

Venez lire et discuter en français sur les interviews en français parues en français et en japonais dans Franc-Parler. Les textes sont imprimables et à préparer chez soi avant le cours.
Le cours est assuré par la personne qui a réalisé l’interview.
Niveau DAPF nécessaire: au moins le 1 intermédiaire (Jun Ikkyu)

Le mercredi 5 novembre à 17 heures:
L’interview de Guillaume Gallienne, réalisateur et acteur de Les garçons et Guillaume à table!

École FL www.ecole-fl.com
メールかお電話(03-5272-3440)でお問い合わせ下さい。

Shinjuku Cinéma Qualité 03-3352-5645
http://qualite.musashino-k.jp/
Human Trust Cinéma Yurakucho 03-6259-8608
www.ttcg.jp/human_yurakucho/
Shibuya Uplink 03-6825-5502
http://www.uplink.co.jp/movie
Cinéka Omori 03-3762-6000
http://www.ttcg.jp/cineka_omori

À partir du 25 octobre
10月25日(土)より

Tom à la ferme トム・アット・ザ・ファーム
Tom à la ferme トム・アット・ザ・ファーム
©2013-8290849 Canada INC (une filiale de MIFILIFILMS Inc) MK2 FILMS / ARTE France Cinéma ©Clara Palardy

Tom à la ferme de et avec Xavier Dolan avec Pierre-Yves Cardinal, Lise Roy; 2013, Canada, France, 102 mn
「トム・アット・ザ・ファーム」
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:グザヴィエ・ドラン、ピエール・イヴ・カルディナル、リズ・ロワ、エヴリーヌ・ブロシュ
2013年/カナダ・フランス/102分/フランス語

www.uplink.co.jp/tom/

Eurospace 03-3461-0211
www.eurospace.co.jp

À partir du 25 octobre
10月25日(土)より

Tonnerre やさしい人
Tonnerre やさしい人
©2013 RECTANGLE - PRODUCTIONS WILD BUNCH - FRANCE 3 CINEMA

Tonnerre de Guillaume Brac avec Vincent Macaigne, Solène Rigot, Bernard Ménez; 2013, France, 100 mn
「やさしい人」
監督:ギヨーム・ブラック 出演:ヴァンサン・マケーニュ、ソレーヌ・リゴ、ベルナール・メネズ
2013年/100分

tonnerre-movie.com

Du 1er au 21 novembre, dernière séance
11月1日(土)〜21日(金) レイトショー

「女っ気なし」 Un monde sans femmes
監督:ギョーム・ブラック
出演:ヴァンサン・マケー二ュ、ロール・カラミー、コンスタンス・ルソー、ロラン・パポ
2011年/58分

併映「遭難者」 Le naufrage
監督:ギョーム・ブラック
出演:ジュリアン・リュカ、ヴァンサン・マケー二ュ、アデライード・ルルー
2009年/25分

Théâtre Image Forum 03-5766-0114
www.imageforum.co.jp

À l’écran
上映中
La jalousie de Philippe Garrel avec Louis Garrel, Anna Mouglalis, Esther Garrel; 2013, France, 77mn, N/B
「ジェラシー」 
監督:フィリップ・ガレル
出演:ルイ・ガレル、キャロリーヌ・ドリュアス、アルレット・ラングマン、マルク・ショロデンコ
2013年/77分/B&W

jalousie2014.com

À partir du 25 octobre
10月25日(土)より
「シャトーブリアンからの手紙」
監督:フォルカー・シュレンドルフ
出演:レオ=ポール・サルマン、マルク・バルベ、ウルリッヒ・マテス、ヤコブ・マッチェンツ
2012年/フランス・ドイツ/91分/フランス語・ドイツ語

www.moviola.jp/tegami/

Kadokawa Cinéma Yurakucho 03-6268-0015
www.kadokawa-cinema.jp

Du 11 au 31 octobre
10月11日(土)〜31日(金)
<没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭>
短編デビュー作から遺作まで全23作品!
※ジャン=ピエール・レオー初日舞台挨拶(予定)
1回目の「大人は判ってくれない』上映後、2回目「アントワーヌとコレット」上映前に登壇予定。

11日(土)12:40、15日(水)17:40、24日(金)17:40、29日(水)12:40
「大人は判ってくれない」 Les quatre cents coups 1959年 

11日(土)15:15、23日(木)19:00、27日(月)15:05
「アントワーヌとコレット<二十歳の恋>より」L’amour à vingt ans /Antoine et Colette 1962年 +「夜霧の恋人たち」 Baiser volés 1968年

11日(土)18:05、17日(金)20:00、27日(月)12:40
「家庭」Domicile conjugal 1970年

11日(土)20:20、17日(金)17:40、28日(火)12:40
「逃げ去る恋」L’amour en fuite 1979年

12日(日)12:40、18日(土)12:40、25日(土)17:40、31日(金)20:00
「トリュフォーの思春期」L’argent de poche 1976年

12日(日)15:05、14日(火)19:00、19日(日)12:40、22日(水)15:05、25日(土)20:00、30日(木)15:05
「華氏451」Fahrenheit 451 1966年

12日(日)17:40、18日(土)20:00、25日(土)12:40、29日(水)17:40
「野性の少年」L’enfant sauvage 1970年

12日(日)20:00、17日(金)15:05、24日(金)12:40、26日(日)12:40
「アデルの恋の物語」L’histoire d’Adèle H 1975年

13日(月・祝)12:40、22日(水)12:40、29日(水)15:05
「あこがれ」Les mistons 1958年 +「ピアニストを撃て」Tirez sur le pianiste 1960年

13日(月・祝)15:05、17日(金)12:40、23日(木)12:40、29日(水)20:00
「突然炎のごとく」Jules et Jim 1961年

13日(月・祝)17:40、21日(火)15:05、24日(金)15:05、30日(木)19:00
「柔らかい肌」La peau douce 1964年

14日(火)12:40、19日(日)15:05、22日(水)17:40、31日(金)12:40
「緑色の部屋」La chambre verte 1978年

14日(火)15:05、20日(月)15:05、28日(火)19:00
「恋のエチュード」Les deux anglaises et le continent 1971年

15日(水)12:40、23日(木)15:05、31日(金)17:40
「隣の女」La femme d’à côté 1981年

15日(水)15:05、20日(月)19:00、28日(火)15:05
「日曜日が待ち遠しい!」Vivement dimanche ! 1983年

15日(水)20:00、24日(金)20:00、26日(日)17:40
「終電車」Le dernier métro 1980年

16日(木)12:40、21日(火)12:40、30日(木)12:40
「私のように美しい娘」Une belle fille comme moi 1972年

16日(木)15:05、19日(日)17:40、31日(金)15:05
「アメリカの夜」La nuit américaine 1973年

16日(木)19:00、27日(月)19:00
「暗くなるまでこの恋を」La sirène du Mississipi 1969年

18日(土)15:05、21日(火)19:00、25日(土)15:05
「恋愛日記」L’homme qui aimait les femmes  1977年

18日(土)17:40、20日(月)12:40、22日(水)20:00、26日(日)15:05
「黒衣の花嫁」La mariée était en noir  1968年

Shimotakaido Cinéma 03-3328-1008
http://www.shimotakaidocinema.com

Jusqu’au 3 octobre à 18h50, du 6 au 11 octobre à 21h10
10月3日(金)まで 18:50、6日(月)〜11日(土) 21:10
L’image manquante de Rithy Panh avec Randal Douc; 2013, Cambodge, France, en français, 95 mn
「消えた画 クメール・ルージュの真実」
監督:リティ・パニュ
2013年/カンボジア・フランス/フランス語/95分

www.u-picc.com/kietae/

Du 25 au 31 octobre à 13h20, du 3 au 8 novembre à 21h00
10月25日(土)〜31日(金) 13:20、11月3日(月)〜8日(土) 21:00
「冒険者たち」 Les aventuriers
1967年/113分/35mm

Ciné Libre Ikebukuro 03-3590-2126
www.ttcg.jp

Du 11 au 17 octobre
10月11日(土)〜17日(金)
Léon de Luc Besson avec Jean Reno; 1994, France, États-Unis, 133 mn
「レオン 完全版」
監督:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲィリー・オールドマン
1994年/フランス・アメリカ/133分

Waseda Shochiku 03-3200-8968
www.wasedashochiku.co.jp/

L'image manquante 消えた画 クメール・ルージュの真実
L’image manquante 消えた画 クメール・ルージュの真実

Du 18 au 24 octobre
10月18日(土)〜24日(金)
※二本立て(当サイトでは、フランス語圏作品のみ掲載)
L’image manquante de Rithy Panh avec Randal Douc; 2013, Cambodge, France, en français, 95 mn
「消えた画 クメール・ルージュの真実」フィクションとドキュメンタリー両ジャンルにおいて国際的評価の高いカンボジアの名匠リティ・パニュが初めて自らの過酷な人生を、土人形に託して描いた作品。アカデミー賞外国映画賞にカンボジア映画として初めてノミネートされたほか、第66回カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを獲得した。リティ・パニュにとっては本作が初の日本公開作品となる。彼は、カンボジアの幸せな家庭に育ちながらも、ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる粛清によって、最愛の父母や友人たちを失ってしまう。クメール・ルージュ支配下では、数百万人の市民が虐殺され、カンボジア文化華やかし時代の写真や映像はすべて破棄された。その失われた映画や写真は果たして甦るのか? 犠牲者の葬られた土から作られた人形たちが、35年前の虐殺の成り行きを語り始め、発掘された映像によってその悲劇を紐解いていく。
監督:リティ・パニュ
2013年/カンボジア・フランス/フランス語/95分

Shin Bungeiza 03-3971-9422
www.shin-bungeiza.com

Le 18 octobre, toute la nuit
10月18日(土) オールナイト
<世界の映画作家 vol.157 マノエル・ド・オリヴェイラ 悠久の眼差し>
※当サイトでは、フランス語作品のみ掲載

「家族の灯り」 Gebo et l’ombre
出演:マイケル・ロンズデール、ジャンヌ・モロー、クラウディア・カルディナーレ
2012年/ポルトガル・フランス/91分/DCP

「夜顔」 Belle toujours
出演:ミシェル・ピコリ、ビュル・オジエ
2006年/ポルトガル・フランス/68分

他、2作品

National Film Center 03-5777-8600
hppt://www.momat.go.jp/

Du 24 octobre au 9 novembre
10月24日(金)〜11月9日(日)
<ニューヨーク近代美術館 映画コレクション>
※当サイトではフランス語圏関連作品のみ掲載。

10月29日(水)16:00、11月4日(火)19:00、9日(日)14:00
「悲しみよこんにちは」 BonjourTristesse
監督:オットー・プレミンジャー 出演:デボラ・カー、デヴィット・二ーブン、ジーン・セバーグ、ミレーヌ・ドモンジョ
1958年/アメリカ・イギリス/94分/白黒・カラー/英語/35mm


フォーラム
この記事に返信


チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31