フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

東京で上映されるフランス語圏映画 2014年5月発信
投稿日 2014年5月8日
最後に更新されたのは 2016年1月12日

Tomohiro Mibu によって
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Ciné Switch Ginza 03-3561-0707
www.cineswitch.com
Shinjuku Musashinokan 03-3354-5670
http://shinjuku.musashino-k.jp
À l’écran
Sur le chemin de l’école de Pascal Plisson; 2012, France, anglais sous-titré en japonais, 77 mn
上映中
※Ciné Switch Ginza 5月10日(土)より、10:00, 12:50 の1日2回上映
※Shinjuku Musashinokan 6月中旬まで上映

<span class="caps">JPEG</span> - 50.9 kb
©2013-Winds-Ymagis-Herodiade

「世界の果ての通学路」 学校まで、道なき道を何時間もかけて通学する子どもたちを追った驚きと感動のドキュメンタリー。本国フランスではドキュメンタリー作品としては異例の200館という破格の扱いで公開され、ロングランヒットを記録している。地球上のまったく異なる、4つの地域の通学路に密着。長く険しい、危険に満ちた環境でありながらも、なぜ子どもたちは必死に学校に通おうとするのか? 本作に登場するのは、野生のキリンや象が生息するサバンナを駆け抜けるケニアのジャクソン。ヤギ飼いの仕事を終えてから、愛馬で学校へ向かうアルゼンチンのカルロス。女子に教育は不要とする古い慣習が残る村から、寄宿学校に通うモロッコのザヒラ。生まれつき足が不自由で、弟たちに車いすを押されて登校するインドのサミュエル。本作に登場する4人の子どもたちは「夢をかなえたいから」というまっすぐな思いで必死に学校に通うのだった…。
監督:パスカル・ブリッソン
2012年/77分

www.sekai-tsugakuro.com


Shinjuku wald 9 03-5369-4955
wald9.com
Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp
Human Trust Cinéma Yurakucho 03-6259-8608
www.ttcg.jp
À l’écran
La vie d’Adèle chapitres 1 et 2 d’Abdellatif Kechiche avec Léa Seydoux, Adèle Exarchopoulos, Salim Kechiouche; 2013, France, 179mn, R18+
上映中
※Le Cinéma 5月10日(土)より、19:00 の1日1回上映
※wald 9、22:35 の1日1回上映

<span class="caps">JPEG</span> - 33.7 kb
© 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMSFRANCE 2 CINEMASCOPE PICTURESRTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

「アデル、ブルーは熱い色」 第66回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を獲得した、衝撃的な愛の物語。ラブシーンは絵画のように美しいと絶賛され、監督のみならず、主演女優2人にもパルムドールが授与されるなど、異例の高評価を受けたドラマとなった。高校生のアデルは、道ですれ違った、ブルーの髪の女に一瞬で心を奪われた。その女に対する思いはつのるばかりで、ついにはアデルの夢にまで出るほどであった。そんなある日、バーで偶然の再会を果たす。彼女の名前はエマ。画家を志す美学生である。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了され、身も心もいちずにのめり込んでいく。数年後、教師になる夢をかなえたアデルは、画家となったエマの絵のモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが彼女の絵の披露を兼ねたパーティーを境に、エマの態度が急変する。その孤独に耐えかねたアデルは…。
監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロス
2013年/179分/R18+

www.adele-blue.com


Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp
Shinjuku Cinéma Qualité 03-3352-5645
http://qualite.musashino-k.jp
À partir du 19 avril
Le Passé d’Asghar Farhadi avec Bérénice Bejo, Tahar Rahim, Ali Mosaffa; 2013, France Italie, français, farsi, 130 mn
上映中
※ Cinéma Qualitéは、5月16日(金)まで

<span class="caps">JPEG</span> - 25.2 kb
©Memento Films Production – France 3 Cinéma – Bim Distribuzione – Alvy Distribution – CN3 Productions 2013

「ある過去の行方」 第84回アカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭金熊賞など世界中の映画祭で90冠以上を受賞した「別離」のアスガー・ファルハディ監督が、初めてイラン以外の外国を舞台に描いた意欲作。アメリカを始め世界中で公開され、フランスでは、「別離」を上回る大ヒットを記録した。舞台はフランス・パリ郊外。フランス人の妻と別れて4年。今はテヘランに住むアーマドが、正式な離婚協議のために、4年ぶりに自宅へ戻ってくるが、妻のマリー=アンヌにはすでに新しい恋人がおり、娘たちと新たな暮らしを始めていた。しかし、娘のリュシーから告げられたある衝撃的な告白により、妻と恋人、その家族が背負う過去と、明かされなかった真実が次々と浮かび上がっていく…。憎しみの裏には愛があり、拒絶の影に思慕がにじむ。それぞれにやり場のない感情を抱えた、人々の心の奥を丹念に、繊細に映し出している。
監督:アスガー・ファルハディ
出演:ベルニス・ベジョ、タハール・ラヒム、アリ・モッサファ
2013年/フランス・イタリア/130分/フランス語・ペルシャ語

http://www.thepast-movie.jp

_0_
Shinjuku Cinéma Qualité 03-3352-5645
qualite.musashino-k.jp

À partir du 31 mai

En solitaire
©2013 GAUMONT - LES FILMS DU CAP - TF1 FILMS PRODUCTION - SCOPE PICTURES - A CONTRACORRIENTE FILMS

En solitaire de Christophe Offenstein avec François Cluzet, Samy Seghir, Virginie Efira; 2013, France, 101 mn
5月31日(土)より
「ターニング・タイド 希望の海」
監督:クリストフ・オーファンスタン
出演:フランソワ・クリュゼ、サミ・セギール、ギョーム・カネ、ヴィルジニー・エフィラ
2013年/101分
turning-tide.com

_0_
Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp
À prtir du 17 mai
5月17日(土)より
<パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング 2013 2014>
※当サイトでは、フランス語作品のみ掲載。
Du 24 au 30 mai
5月24日(土)〜30日(金)
「眠れる森の美女」
振付:ルドルフ・ヌレエフ 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
キャスト:マチアス・エイマン、ミリアム・ウルド=ブラーム
2013年12月16日(パリ・オペラ座上演日)/167分

_0_
Waseda Shochiku 03-3200-8968
http://www.wasedashochiku.co.jp/
二本立て ※当サイトでは、フランス語圏作品のみ掲載。

www.moviola.jp/son/

早稲田松竹クラシックス vol.86 エリック・ロメール監督特集

Du 17 au 19 mai
5月17日(土)〜19日(月)

「春のソナタ」 Conte de printemps
出演:アンヌ・テイセードル、フロランス・ダレル、ユーグ・ケステール
1989年/107分/35mm

「夏物語」 Conte d’été
出演:メルヴィル・プポー、アマンダ・ラングレ、オーレリア・ノラン
1996年/114分/35mm

Du 20 au 23 mai
5月20日(火)〜23日(金)

「恋の秋」 Conte d’automne
出演:マリー・リヴィエール、ベアトリス・ロマン、アラン・リボル
1998年/112分/35mm

「冬物語」 Conte d’hiver
出演:シャルロット・ヴェリー、フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ、ミシェル・ヴォレッティ
1991年/114分/35mm

5月24日(土)〜30日(金)
「ムード・インディゴ うたかたの日々<ディレクターズカット版>」
L’écume des jours
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、ガッド・エルマレ、オマール・シー
2013年/131分/DCP

早稲田松竹クラシックス vol.87 フランソワ・トリュフォー監督特集

Du 31 mai au 6 juin
5月31日(土)〜6月6日(金)

「暗くなるまでこの恋を」La sirene du mississippi
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、カトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ブーケ、ネリー・ボルゴー
1969年/フランス・イタリア/123分/DCP

「映画に愛をこめて アメリカの夜」 La nuit américaine
出演:ジャクリーヌ・ビセット、ヴァレンティナ・コルテーゼ、ジャン=ピエール・レオ、ジャン=ピエール・オーモン
1973年/フランス・イタリア/117分/35mm


Theatre Image Forum 03-5766-0114
www.imageforum.co.jp/theatre/

Jusqu’au 9 mai
5月9日(金)まで
Festival Jacques Tati (films de ou avec Tati)

Playtime
Playtime
© Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C. 

<ジャック・タチ映画祭>
日本初!超大作「プレイタイム」や幻の名作「パラード」(劇場未公開)を含む全監督作品を一挙公開。

プログラム①  18:30
Playtime「プレイタイム」 出演:ジャック・タチ、バルバラ・デネック 1967年/124分/ビスタサイズ

プログラム②  16:00
Mon oncle「ぼくの伯父さん」 出演:ジャック・タチ、ジャン=ピエール・ゾラ 1958年/116分
Dégustation maison「家族の味見」(短編・日本初公開) 監督:ソフィー・タチシェフ 1976年/14分

プログラム④  11:00
Parade「パラード」(日本初公開) 出演:ジャック・タチ、カール・コスメイヤー&雄ラバ、ウィリアムズ一家 1974年/90分
On demande une brute「乱暴者を求む」(短編・日本初公開) 監督:シャルル・バロワ 出演:ジャック・タチ、エルーヌ・プペ 1934年/白黒/25分

プログラム⑤  13:30
Jour de fête「のんき大将 脱線の巻(完全版)」 出演:ジャック・タチ、ギィ・ドゥコンブル 1949年/白黒/87分
「郵便配達の学校」(短編) 出演:ジャック・タチ、ポール・ドゥマンジュ 1946年/白黒/16分
Forza Bastia「フォルツァ・バスティア ’78/祝祭の島」(短編・日本初公開) 監督:ソフィー・タチシェフ、ジャック・タチ 1978年〜2000年/28分

À partir du 10 mai
My little princess d’Eva Ionesco avec Isabelle Huppert, Anamaria Vartolomei; 2011, France, 106 mn
5月10日(土)より
「ヴィオレッタ」
監督:エヴァ・イオネスコ
出演:イザベル・ユペール、アナマリア・ヴァルトロメイ、ド二・ラヴァン
2011年/106分

My little princess
© Les Productions Bagheera France 2 Cinéma Love Streams agnes b. productions

http://violetta-movie.com


Shimotakaido Cinéma 03-3328-1008
http://www.shimotakaidocinema.com

Jusqu’au 17 mai à 21h15
5月17日(金)まで  21:15 ※ 5月11日(日)休映
「胸騒ぎの恋人」 Les amours imaginaires de Xavier Dolan
監督・出演:グザヴィエ・ドラン
2010年/カナダ/101分/Blu-ray


National Film Center 03-5777-8600
http://www.momat.go.jp/
Du 30 mai au 22 juin
5月30日(金)〜6月22日(日)
EU フィルムデーズ 2014>
※当サイトでは、フランス語圏作品のみ掲載。
Le 7 juin à 14h et à 19h
6月7日 14:00、10日 19:00
「グッバイ・ファーストラブ」 Un amour de jeunesse
女優であり、監督としても活動するミア・ハンセン=ラブが、自身の経験をもとに、一人の少女とタイプが異なるふたりの男性との恋を描く。第64回ロカルノ国際映画祭で特別賞受賞作。
監督:ミア・ハンセン=ラブ
2011年/フランス・ドイツ/110分/35mm


フォーラム
この記事に返信


チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.22