フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

東京で上映されるフランス語圏映画 2014年2月発信
投稿日 2014年1月31日
最後に更新されたのは 2016年1月12日

Tomohiro Mibu によって
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Iwanami Hall 03-3262-5252
www.iwanami-hall.com/
À partir du 15 février
2月15日(土)より

<span class="caps">JPEG</span> - 88.9 kb
Crédits : ©2012-O SOM E A FURIA/MACT PRODUCTIONS

Gebo et l’ombre de Manoel de Oliveira avec Jeanne Moreau, Claudia Cardinale, Michael Lonsdale; 2012, France, Portugal, 91 mn
「家族の灯り」 90歳を超え、年に1本のペースで新作を発表し続けるポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ。現役最高齢となる105歳を迎え、「世界で最も偉大な映画作家」として敬愛されている彼の最新作は、ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を映画に翻案、フランスの大女優ジャンヌ・モローと、イタリアの大女優クラウディア・カルディナーレという名優たちを迎えている。ある街で帳簿係として働くジェボは、妻ドロテイアと、義理の娘ソフィアとともにつつましく暮らしていた。彼らの息子ジョアンは8年前に忽然と姿を消しており、一家は彼の帰りを待ちわびて悲しみにくれる日々を送っていた。失踪した息子を盲目的な愛で信じ続ける母。置き去りにされ悲しみの中で毎日を過ごす息子の妻。息子が失踪した秘密を知っていたジェボ。そんなある日、突然ジョアンが帰ってくる。長い間、不在だった息子の突然の帰宅に家族は動揺する…。
監督:マノエル・ド・オリヴェイラ 
出演:ジャンヌ・モロー、クラウディア・カルディナーレ、マイケル・ロンズデール、リカルド・トレパ
2012年/ポルトガル・フランス/フランス語/91分

Ciné Switch Ginza 03-3561-0707
www.cineswitch.com
Shinjuku Piccadilly 03-5367-1144
www.shinjukupiccadilly.com
À partir du 15 février
2月15日(土)より

<span class="caps">JPEG</span> - 53.3 kb
Crédits : ©MANDARIN CINEMA-MARS FILMS-FRANCE 2. CINEMA-FOZ

Jeune et jolie de François Ozon avec Marine Vacth, Charlotte Rampling, Frédéric Pierrot; 2013, France, 94 mn, R-18
「17歳」 鬼才フランソワ・オゾン監督が、前作「危険なプロット」に続き、10代をテーマにしたセンセーショナルなドラマ。フレンチ・ポップスの名曲にのせて、少女と大人の狭間で揺れ動く17歳の少女のセクシャリティに正面から向き合い、官能的なドラマを描き出している。17歳の誕生日を迎えたパリの名門高校に通うイザベルは、夏のバカンス先で初体験を終えた。だが、秋の訪れとともに彼女は変わっていく。バカンスを終えてパリに戻った彼女は、放課後に、SNSを通じて知り合った不特定多数の男たちと密会を重ねるようになる。そんなある日、馴染みの初老の男性が彼女と関係を持っていた最中に急死。イザベルは思わずその場から逃げ去ってしまったが、まもなく警察によって彼女の秘密が家族に明きらかにされる。快楽のためでも、ましてや金のためでもないと語ったきり、あとは口を閉ざすイザベル。いったい彼女に何が起きたのか…。
監督:フランソワ・オゾン 
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディーヌ・ペラス、フレデリック・ピエロ、シャーロット・ランプリング
2013年/94分/R-18

Shinjuku K’s Cinéma 03-3352-2471
www.ks-cimema.com/

À partir du 1er mars
3月1日(土)より

<span class="caps">JPEG</span> - 44 kb
Crédits : ©Prince Production

Indignados de Tony Gatlif inspiré de indignez-vous de Stéphane Hessel; France, 88 mn
「怒れ!憤れ!ーステファン・エセルの遺言ー」 2013年2月27日に死去した元レジスタンス闘士ステファン・エセルが、若者に向けて、怒ることの大切さを訴えかけた、わずか32ページのパンフレット「怒れ!憤れ!」を、「ガッジョ・ディーロ」のトニー・ガトリフ監督が映像化。劇中では、まるでプラカードを掲げるかのように、エセルのメッセージが直接タイポグラフィで綴られる。また、音楽に造詣が深いガトリフ監督らしく、音楽と映像を融合させた鮮烈なイメージを重層的に積み重ねることで、現状に怒りを抱く若者たちのパワーをスクリーンに刻み付けている。本作の主人公は、アフリカからヨーロッパへ移民したひとりの少女。ギリシャのアテネにたどりついた彼女は、警察に拘束されて強制退去を余儀なくさせられる。続けて彼女はフランス、スペインと流れ着く。そこでは世の不正義に反対する若者たちが、高らかに拳を挙げていた…。

監督:トニー・ガトリフ
出演:ベティ、イサベル、フィオナ・モンベ、ノリグ、ナウェル・ベン・クレム
2012年/フランス/ウォロフ語、フランス語、ギリシャ語、スペイン語、ポルトガル語、英語、他/88分

http://moviola.jp/dofun/

Shibuya Uplink 03-6821-6821
www.uplink.co.jp/
Jusqu’au 7 mars
Les amours imaginaires de et avec Xavier Dolan et Monia Chokri, Niels Schneider; 2010, Canada, 101 mn

<span class="caps">JPEG</span> - 3.6 kb
Crédits : ©2010 MIFILIFILMS INC

3月7日(金)まで
「胸騒ぎの恋人」
監督:グザヴィエ・ドラン
出演:グザヴィエ・ドラン、モニア・ショクリ、ニール・シュナイダー
2010年/カナダ/フランス語/101分

Theatre Image Forum 03-5766-0114
www.imageforum.co.jp/theatre/
À partir du 1er mars
3月1日(土)より レイトショー
C’est arrivé près de chez vous de Rémy Belveaux avec André Bonzel, Benoît Poelvoorde; 1992, Belgique, N/B, 96 mn
「ありふれた事件」
監督:レミー・ベルヴォー
出演:ベン・ブノワ・ボールヴールド、レミー・ベルヴォー、アンドレ・ボンゼル
1992年/ベルギー/フランス語/モノクロ/96分

Waseda Shochiku 03-3200-8968
http://www.wasedashochiku.co.jp/
二本立て ※当サイトでは、フランス語圏作品のみ掲載。

Du 1er au 7 février
Dans la maison de Françis Ozon avec Fabrice Luchini; 2012, 105 mn, R15+
2月1日(土)〜7日(金)
「危険なプロット」
監督:フランソワ・オゾン
出演:ファブリス・ルキー二、エルンスト・ウンハウワー、クリスティン・スコット・トーマス
2012年/105分/R15+/DCP上映

Du 22 au 28 février
Populaire de Régis Roinsard avec Romain Duris, Deborah François, Bérénice Béjo, Miou-Miou; 2012, France, 111mn
2月22日(土)〜28日(金)
「タイピスト!」
監督:レジス・ロワンサル
出演:ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ、ベレニス・ベジョ
2012年/フランス語・英語・ドイツ語/111分/DCP上映

Cloclo de Florent Emilio Siri avec Jérémie Renier, Benoît Magimel, Marc Barré; 2012, France, 149 mn
「最後のマイ・ウェイ」
監督:フローラン=エミリオ・シリ
出演:ジェレミー・レニエ、ブノワ・マジメル、モニカ・スカティーニ
2012年/149分/35mm上映

National Film Center 03-5777-8600
http://www.momat.go.jp/
Jusqu’au 12 février
2月12日(水)まで
<テクニカラー・プリントでみる NFC所蔵外国映画選集>
※当サイトでは、フランス語圏作品のみ掲載。
1er février
Œil pour œil d’André Cayatte
2月1日(土) 13:00
「眼には眼を」
監督:アンドレ・カイヤット
出演:クルト・ユルゲンス、フォルコ・ルッリ、パスカル・オードレ
1957年/フランス・イタリア/110分/35mm

2 février
Le pays d’où je viens d’André Hunebelle
2月2日(日) 16:00
「遥かなる国から来た男」

6 février
Une Parisienne de Michel Boiron
2月6日(木) 19:00
殿方ご免遊ばせ

5, 7 février
Casino de Paris d’André Hunebelle
2月5日(水) 19:00、2月7日(金) 19:00
カジ•ノ•ドパリ

Shimotakaido Cinéma 03-3328-1008
http://www.shimotakaidocinema.com

Du 1er au 7 mars
3月1日(土)〜7日(金) 13:25
「もうひとりの息子」
監督:ロレーヌ・レヴィ
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル•エルべ
2012年/105分


フォーラム
この記事に返信


チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31