フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

Novembre 2013 films en français à Tokyo
投稿日 2013年11月18日
最後に更新されたのは 2014年6月23日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF

Theater Image Forum 03-5766-0114
www.imageforum.co.jp/theatre/
À l’écran
上映中
Rétrospective Maurice Pialat
<フランス映画の知られざる巨匠 モーリス・ピアラ>
没後10年 後期代表作4本特集上映
 オリヴィエ・アサイヤスやクレール・ドゥニといった現代の多くの映画作家に影響を与えた映画監督のモーリス・ピアラ。彼は 2003年、腎臓疾患によりその生涯を閉じたが、没後10年にあたる本年にパリ、シネマテーク・フランセーズで大規模な回顧展が開催されるなど、その偉大さを再評価する気運が高まっている。しかし日本では『愛の記念に』と『悪魔の陽の下に』が劇場公開されただけで、その存在は広く知られてはいなかった。そこで今回は、知られざる巨匠の後期代表作を特集する。上映作は、本邦初公開作品となったセザール賞作品賞受賞作『愛の記念に』、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したにもかかわらず、賛否両論を巻き起こした『悪魔の陽の下に』、日本ではビデオ発売のみの『ポリス』、そしてピアラの後期代表傑作でありながら、劇場未公開、未ソフト化だった『ヴァン・ゴッホ』の4作品だ。

À nos amours avec Sandrine Bonnaire ; 1983, 100 mn
『愛の記念に』
監督・脚本・台詞:モーリス・ピアラ
出演:サンドリーヌ・ボネール、エヴリーヌ・ケール、ドミニク・ベズネアール、モーリス・ピアラ、アンヌ=ソフィー・マイエ、シリル・コラール
1983年/100分/カラー

Sous le soleil de satan avec Sandrine Bonnaire ; 1987, 97 mn
『悪魔の陽の下に』
監督:モーリス・ピアラ
出演:ジェラール・ドパルデュー、サンドリーヌ・ボネール、モーリス・ピアラ、アラン・アルチュール、ヤン・デデ、ブリジット・ルジャンドル、ジャン=クロード・ボルラ、ジャン=クロード・ブヴェ
1987年/97分/カラー

Police avec Sophie Marceau ; 1985, 114 mn
『ポリス』
監督・脚本・脚色・台詞:モーリス・ピアラ
出演:ジェラール・ドパルデュー、ソフィー・マルソー、リシャール・アンコニナ、パスカル・ロカール、サンドリーヌ・ボネール、ジャック・マトゥ、ヤン・デデ 
1985年/114分/カラー
Van Gogh avec Jacques Dutronc ; 1991, 160 mn
『ヴァン・ゴッホ』
監督・脚本・台詞:モーリス・ピアラ
出演:ジャック・デュトロン、アレクサンドラ・ロンドン、ベルナール・ル・コク、ジェラール・セティ、コリーヌ・ブルドン、エルザ・ジルベルシュタイン、レズリー・アズライ
1991年/160分/カラー

Van Gogh

www.zaziefilms.com/pialat

Ciné Switch Ginza 03-3561-0707
À l’écran
上映中

Le fils de l’Autre de Lorraine Lévy avec Emmanuelle Devos, Pascal Elbé, Jules Sitruk, Bruno Podalydès; 2012, France, français, arabe, hébreu, anglais, 105 mn
「もうひとりの息子」 2012年の東京国際映画祭グランプリ&監督賞を受賞した衝撃的なドラマ。イスラエルのテルアビブに住んでいたフランス系イスラエル人の夫婦アロンとオリットに驚くべき事実が降りかかる。18歳になった息子ヨセフが兵役検査を受けた際に、両親との血がつながりがないという検査結果が出てしまったのだ。母オリットは、当時住んでいたハイファの病院で、湾岸戦争の混乱により、ヨセフとは別の赤ん坊と取り違えられていたことを知る。しかもその取り違えられた相手というのが、“壁”で隔てられ、敵対する民族であるパレスチナ人のアル・ベザズ夫婦の子であることを知り、ショックを受けるアロンとオデット。しかしショックであったのはアル・ベザズ夫婦も一緒であった。自分が育てた子を選ぶのか、それとも血を分けた子を選ぶのか、アイデンティティを揺さぶられ、苦悩する両家族。それでも二つの家族は互いに歩み寄ろうと努力するが…。
監督:ロレーヌ・レヴィ
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル・エルベ、ジュール・シトリュク、マハディ・ザハビ
2012年/105分/フランス語、ヘブライ語、アラビア語、英語/日本語・英語字幕付き

www.moviola.jp/son/

Le fils de l'Autre
Le fils de l’Autre
Crédits : © Rapsodie Production/ Cité Films/ France 3 Cinéma/ Madeleine Films/ SoLo Films

Cinémart Shinjuku 03-5369-2831
www.cinemart.co.jp/theater/shinjku/
Human Trust Cinema Yurakucho 03-6259-8608
www.tteg.jp/human yurakucho
À partir du 16 novembre
11月16日(土)より

Lagerfeld confidentiel documentaire de Rodolphe Marconi avec Karl Lagerfeld, Nicole Kidman, Caroline de Monaco; 2007, France, français, anglais, 89 mn
「ファッションを創る男 ーカール・ラガーフェルドー」
創業者のココ・シャネル亡きあと、低迷していたシャネルを引き継ぎ、見事に再興させたカール・ラガーフェルド。一時期、彼は、シャネルのほかにクロエ、フェンディ、そして自らのブランド、カール・ラガーフェルドと4つのメゾンのデザイナーを兼任するなど、約30年にわたり、美のカリスマとしてファッション界をけん引し続けてきた人物であったが、その素顔は秘密のベールに包まれていた。このドキュメンタリーでは、2年間で約300時間にもおよぶ撮影が敢行され、完璧主義者であるラガーフェルドの情熱あふれる仕事風景が映し出されている。また、貴重なオフショットのほか、今まで明かされることのなかった母親のことや、自らのセクシャリティについても赤裸々に告白。辛らつでありながらも、時にユーモアあふれる名言とともに、ラガーフェルドの過激な人生哲学が浮かび上がる内容となっている、
監督:ロドルフ・マルコーニ
出演:カール・ラガーフェルド、ニコール・キッドマン、モナコ王妃カロリーヌ
2007年/89分/フランス語・英語

<span class="caps">JPEG</span> - 61.8 kb
Crédits : © Realitism Film/Melange/NoSugarNoMilk

Bunkamura Le Cinéma 03-3477-9264
www.bunkamura.co.jp
À partir du 16 novembre
El artista y la modelo de Fernand Trueba avec Jean Rochefort, Aida Folch, Claudia Cardinale; 2012, Espagne, français-espagnol, N/B, 105 mn

11月16日(土)より
「ふたりのアトリエ〜ある彫刻家とモデル」「ふたりのアトリエ〜ある彫刻家とモデル」 1943年夏、舞台は占領下のフランス南西部。スペイン国境近くのとある村に、生きる希望を失くしていた老彫刻家クロスがいた。彼は長引く戦争に飽き飽きし、いつしか創作意欲まで失っていた。しかし、そんな彼のもとに、スペインの収容所から逃げ出してきた美しい娘メルセが現われ、ひょんなことからクロスのモデルを務めることになる。彼女を見つめ、スケッチを続けるクロスの瞳は次第に輝き始め、生命力が満ち溢れるようになる。一方、田舎育ちで、最初は芸術のことなど何も知らなかったメルセも、クロスと過ごすうちに芸術に興味を持ち始め、人生観まで変わっていくようになる。時の流れが止まったかのような静かで美しい時間の中、山小屋のアトリエで濃密な時間を過ごしていた二人の人生は豊かに美しく輝き始めるが……。モノクロの画面で、光あふれる自然の風景を絵画的に映し出した映像も見どころのひとつだ。

監督:フェルナンド・トルエバ
出演:ジャン・ロシュフォール、アイーダ・フォルチ、クラウディア・カルディナーレ
2012年/105分/スペイン/フランス語・スペイン語/モノクロ

www.alcine-terran.com/atorie

<span class="caps">JPEG</span> - 32.6 kb

Shimotakaido Cinéma 03-3328-1008
http://www.shimotakaidocinema.com
Du 30 novembre au 6 décembre 11h, 13h
Du 7 au 13 décembre 10h30
11月30日(土)〜12月6日(金) 11:00、13:00
12月7日(土)〜13日(金) 10:30
「クロワッサンで朝食を」Une Estonienne à Paris
監督:イルマル・ラーグ
出演:ジャンヌ・モロ−、ライネ・マギ
2012年/95分/フランス・エストニア・ベルギー

12月7日(土)〜13日(金) 12:40
「最後のマイ・ウェイ」Cloclo
監督:フローラン=エミリオ・シリ
出演:ジェレミー・レニエ、ブノワ・マジメル
2012年/149分

Waseda Shochiku 03-3200-8968
www.wasedashochiku.co.jp/
<2週連続 レオス・カラックス監督特集> ※二本立て

Du 7 au 13 décembre
「ボーイ・ミーツ・ガール」 Boy meets girl
出演:ドニ・ラヴァン、ミレーユ・ペリエ、キャロル・ブルックス
1983年/104分/35mm
「汚れた血」 Mauvais sang
出演:ドニ・ラヴァン、ジュリエット・ビノシュ、ミシェル・ピコリ、ジュリー・デルピー
1986年/119分

Du 14 au 20 décembre
「ボンヌフの恋人」 Les amants du pont-neuf
出演:ドニ・ラヴァン、ジュリエット・ビノシュ
1991年/126分/35mm/PG12
「ホーリー・モーターズ」 Holy motors
監督:レオス・カラックス
出演:ドニ・ラヴァン、エディット・スコブ、エヴァ・メンデス
2012年/115分/フランス・ドイツ

Shinjuku Piccadilly 03-5367-1144
www.shinjukupiccadilly.com/
Du 16 novembre au 6 décembre
11月16日(土)〜12月6日(金)
<スクリーン・ビューティーズ Vol.2 カトリーヌ・ドヌーヴ>
カトリーヌ・ドヌーヴ黄金期の主演作3作上映

「暗くなるまでこの恋を」La sirène du Mississipi
監督:フランソワ・トリュフォー
共演:ジャン=ポール・ベルモンド、ミシェル・ブーケ
1969年/123分

「恋のマノン」Manon 70
監督:ジャン・オーレル
共演:ジャン=クロード・ブリアリ、サミー・フレイ、エリザ・マルティネリ
1967年/102分

「シェルブールの雨傘」Les parapluies de Cherbourg
監督:ジャック・ドゥミ
出演:ニーノ・カステルヌオーヴォ、アンヌ・ヴェルノン
1964年/91分/フランス・ドイツ

http://www.screenbeauties.com/ 


ダウンロード ダウンロードする :
  • Une Estonienne à Paris
  • 60.6 kb / JPEG
フォーラム
この記事に返信


チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ

RSS

1998-2017 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL-V3
バージョン: 3.87.31