「革命歴8年ブリュメ−ル18、19日」(セルジュ・シャサーニュ、リヨン第二大学教授)
投稿日 1999年3月1日
最後に更新されたのは 2015年7月27日

総裁政府(共和主義)の悲喜劇的な最後についていまさら新しい要素を付け加えられるわけではないが、クーデタが成功した本当の理由を追求してみることは可能だ。クーデタの最中には、その先行きはなかなか見えてこなかった。最終的には「銃剣の力で」決着をみ、企てが結果的に正当化されたので首謀者らは安堵することになったが、もし失敗に終わっ…

記事全文(フランス語、日本語)を読むには下のファイルをクリックしてください。

qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article24