フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『モンパルナスの灯 HDデジタル・リマスター版』 『モンパルナスの灯HDデジタル・リマスター版』Montparnasse 19 (ou Les Amants de Montparnasse)
『モンパルナスの灯 HDデジタル・リマスター版』
JPEG - 20 kb
Crédits : © 1958 Gaumont - Astra Cinematografica - Continental Film GmBh

『モンパルナスの灯HDデジタル・リマスター版』
 実際は、もっと違っていたのだと思う。主人公のモディリアーニも、そして伴侶となったジャンヌも。映画で描かれるよりもずるくて、映画で描かれるよりも弱くて……でも、それでいいのだと思う。映画というフィルタによって濾過された2人の人生は、それ自体が芸術作品のように美しくて繊細だ……舞台は第一次世界大戦後のパリ・モンパルナス。青年モディリアーニ(ジェラール・フィリップ)は、画家としての才能に溢れていながら、その繊細な心と誇り高さゆえ、孤独を抱えていた。あるとき、美術学校でジャンヌ(アヌーク・エーメ)と知り合い、駆け落ち同然で共に暮らすことに。彼の信念を貫く姿を誰よりも理解し、最後まで寄り添うジャンヌの健気さに目頭が熱くなる。
 ジェラール・フィリップは、この映画の1年後の1959年、偶然にもモディリアーニと同じ36歳でこの世を去った。一方、アヌーク・エーメはフランスを代表する女優のひとりとして長く活躍し、2019年には「男と女 人生最良の日々」(Les Plus Belles Années d’une vie)にも出演。年を重ねた2人が共演する映画を観てみたかった。
(Mika Tanaka)
 
フランス/1958 年/108 分
原作:ミシェル・ジョルジュ=ミシェル
監督:ジャック・ベッケル
出演:ジェラール・フィリップ、アヌーク・エーメ、リノ・ヴァンチュラ、リリ ー・パルマー
 
Montparnasse 19 (ou Les Amants de Montparnasse) de Jacques Becker avec Gérard Philipe, Lili Palmer, Anouk Aimée, Gérard Séty, Lino Ventura, Lea Padovani, Lila Kedrova; 1958, France, 108 min N/B
 
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1544