| |
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『秘密の森の、その向こう』 Petite maman
JPEG - 25.2 kb
Crédits : © 2021 Lilies Films / France 3 Cinéma

『秘密の森の、その向こう』
出会ったばかりの2人の少女が森で遊んでいる。1人の少女が自分の家へ招く。
ミルクをあたため、大きなボウルに注ぐ。シリアルの香ばしい音が響く。
「ミルクでふやける前に食べるのが好き」と、にこりと微笑む少女。8歳の少女、ネリーとマリオンは、少ない言葉で2人の距離を縮めていく……森の奥深くで8歳の頃のお母さんをみつけたネリー。奇跡のような遭遇はファンタジーとしてではなく、現実的に淡々と描かれる。森の中の枯れ葉を踏むサクサクとした音。ネクタイを結ぶときのシュルシュルとした音。歯を磨くときのシャカシャカという音。ヒゲを剃るときのジョリジョリという音。さまざまな音が森の静寂の中で美しく響き、「生きている」という感動を教えてくれる。
大好きなおばあちゃんを失った気持ちをマリオンと共有し、驚くべき秘密をマリオンに打ち明け、心にぽっかり空いた穴を自分の力で埋めていくネリー。大人びた眼差しと笑ったときのあどけなさの落差にはっとする。そして、ネリーとマリオンのような子が世界中に数多く存在することに気づく。誕生日の食卓を囲むネリーとマリオンの茶目っ気たっぷりの笑顔、少しでも多くの子供たちがあんな表情でいられる世界になりますように。(Mika Tanaka)
 
監督:セリーヌ・シアマ
出演:ジョセフィーヌ・サンス、ガブリエル・サンス、ニナ・ミュリス、マルゴ・アバスカル
2021年/73分
 
Petite maman de Céline Sciamma avec Joséphine Sanz, Gabrielle Sanz, Nina Meurisse, Margot Abascal, Stéphane Varupenne; 2021, France, 73 min
 
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1530