| |
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ディーバ デジタルリマスター版』 Diva version remasterisée
JPEG - 29.8 kb
Crédits : ©️1981 STUDIOCANAL

『ディーバ デジタルリマスター版』
 
オペラ、ジャズ、エリック・サティーのような調べ、アコーディオンとセーヌ河、禅と悟り、広い部屋と小さなバスタブ、カセットテープ、麻薬、海賊版、赤いジャケット、魔法のお城、白いピアノ、純白のドレス、艶やかな黒い肌……音楽と色彩の美しさを包み込むのは、アジアとアフリカのエッセンスが混ざり合ったエスニックな香り。サスペンス調のストーリーにぐいぐい引き込まれるも、映画の端々に散りばめられた「美」についうっとりとしてしまう。映画の始まりは劇場。オペラ歌手シンシア(ウィルヘルメニア・フェルナンデス)の艶やかな歌声に陶酔する郵便配達の青年ジュール(フレデリック・アンドレイ)は、サイン会場で彼女のドレスを盗んでしまう。めくるめく展開の中、犯罪組織に命を狙われたジュールが生き延びてシンシアと再会するのも劇場だ。1980年代のリアルなパリ、そこにある猥雑で混沌としたものが、映画の冒頭とラストで流れるシンシアの歌声によって、美しいものに昇華されていくような心地よさを覚える。ジャン=ジャック・ベネックス監督の美意識がつまった2時間弱、暗い映画館の中で豊かなひとときを、ぜひ。(Mika Tanaka)
 
監督:ジャン=ジャック・ベネックス
音楽:ウラディーミル・コスマ
出演:フレデリック・アンドレイ、ロラン・ベルタン、リシャール・ボーランジュ、ジェラール・ダルモン、シャンタル・ドアーズ、ジャック・ファブリ、パトリック・フレーシャム、チェイ・アン・リュー、ウィルヘルメニア・フェルナンデス 1981年/フランス/117 分
 
Diva version remasterisée de Jean-Jacques Beineix avec
Wilhelmenia Wiggin Fernandez, Frédéric Andrei, Richard Bohringer; 1981, France, 117 min
 
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1529