| |
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『彼女のいない部屋』 Serre moi fort
JPEG - 16.8 kb
Crédits : © 2021 - LES FILMS DU POISSONGAUMONTARTE FRANCE CINEMALUPA FILM

『彼女のいない部屋』
白いコスチュームに身を包んだひとりの少年。彼は静かに、目の前の泡風呂に沈み込んでいった。まるで宇宙遊泳をするように。同じ頃、泡に体を沈めるように、魚屋の氷に顔をうずめる女性がいた。母親だ。彼女の目はうつろだ。カメラは再び少年をとらえる。泡だらけになった彼を父親が抱き上げる。「パパが捨てた!パパがママを捨てたんだ!」 狂ったように泣き叫ぶ少年。魚屋にいる母親も正気ではない。何が母子を引き離したのだろうか?
家族写真をかるたのように並べ、クラリス(ヴィッキー・クリーブス)は何かの答えを出そうと必死で考え込む。彼女が子供たちを愛していることは間違いない。夫のことも。なのになぜ?「家を出たのは私じゃない」と、クラリスは呪文のようにくり返す。「心にぽっかり穴があく」とは今の彼女の様子そのものだ。自分がいなくても、まるで何事もなかったように家族の暮らしは続いているのだから……謎解きの途中、私たちは真相を知らされる。そして少しずつ、彼女の心に眠る真実に近づいていく。自分がクラリスの立場だったら、どう振る舞うだろうか?自分の心を守るために彼女が彼女なりに選んだ方法をすべて引き受け一緒に泣いてみようと思ったとき、私たちそれぞれの悩みにも光が差し込む瞬間があるのかもしれない。( Mika Tanaka)
 
監督:マチュー・アマルリック
出演:ヴィッキー・クリーブス、アリエ・ワルトアルテ
2021年/97分
 
Serre moi fort de Mathieu Amalric avec Vicky Krieps, Arieh Worthalter; 2021, France, 97 min
 
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1527