| |
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Mika Tanaka

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『シ チリアを征服したクマ王国の物語』 La fameuse invasion des ours en Sicile
JPEG - 32.3 kb
Crédits : © 2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHÉ FILMS - FRANCE 3 CINÉMA - INDIGO FILM

『シチリアを征服したクマ王国の物語』
 クマと人間の共存は可能か?
 この問いかけに応えるように、 色彩豊かな映像が奥行きのある世界を映し出していく。
厳しい自然と対峙するクマの心はシンプルだ。家族を思い、仲間を大切にする。そんなクマの王レオンスが息子の命乞いをする姿に心打たれた人間たちは、レオンスを新しい王に迎える。原作は、イタリアのこども新聞に掲載されたディーノ・ブッツァーティの物語。後にイラストが加えられ、1945年に本として出版された。戦い、正義、文明に犯され変わりゆくクマの心…… 原作に込められたメッセージを受け止め、マトッティ監督は20世紀の寓話を、21世紀版のアニメーションとして完成させた。「アメリカ製でも日本製でもない、ヨーロッパ製の話を」と意識して作られたこの映画の随所に、こどもにもわかりやすいヨー ロッパの美意識が現れる。うっすらと黄色みがかった雪に映し出されるシチリアの陽の光が美しい。
 フランス語版で洞窟の老クマの声を演じているのは、1967年の映画『昼顔』の脚本や、 ジャック・タチ映画のノベライズの執筆等で知られる、ジャン=クロード・カリエール(Jean-Claude Carrière)。2021年2月に天へ召された彼の声がこうして映像とともに残されていることがとても嬉しい。(Mika Tanaka)
 
原作:ディーノ・ブッツァーティ
監督:ロレンツォ・マトッティ
2019年/フランス・イタリ/82分
 
La fameuse invasion des ours en Sicile film d’animation de Lorenzo Mattotti d’après Dino Buzatti, avec la voix de Jean-Claude Carrière; 2019, France, Italie, 82 min
 
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1508