logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
投稿日 2019年7月18日
<span class="caps">JPEG</span> - 36.7 kb
 鎖国から解き放たれた日本は、急速なスピードで欧米化へと向かう。神戸の実業家、松方幸次郎(1866(慶応元年12月1日)-1950)が生きたのは、そんな時代だった。
第一次世界大戦によって船舶の需要が増し、川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いる松方は事業を拡大していく。莫大な富は、彼を美術収集家へと導いていった。1916年から1927年頃にかけて、ロンドンやパリで買い集めた収集品は、1万点にもおよぶほどの規模だったという。
「美術を通して、日本人に西洋人の心を理解してほしい」
「日本に美術館を建設したい」
 美術に関してまったくの素人だった松方だが、その純粋な思いに共感し応援する人々も少なくはなかった。金融恐慌、第二次世界大戦、倉庫の火災など、時代の荒波に翻弄され続けた松方のコレクションは、戦後、375点がフランスから日本政府に寄贈返還される。そして1959年、松方が夢に描いた美術館建設は、国立西洋美術館の完成によって形となった。
 ゴッホの《アルルの寝室》、ジョン・エヴァリット・ミレイの《あひるの子》、ムンクの《雪の中の労働者》、エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》、そして2016年に発見されたモネの《睡蓮、柳の反映》……松方が恋に落ち、心躍らせた美術品が、100年近い時を経てここに集う。21世紀の私たちの心は、どんなときめきを感じるだろうか。(Mika Tanaka)
 
国立西洋美術館 企画展示室
 
2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)
 
休館日:月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は開館)
(ただし8月12日、9月16日、9月23日の月曜日は開館)
 
開館時間:9:30~17:30 ※入館は閉館の30分前まで
金曜日・土曜日は9:30~21:00
 
入館料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
※20名以上は団体料金 ※中学生以下は無料。
※2019年7月20日(土)~8月6日(火)は高校生無料。(学生証を提示のこと)
※障がい者および付添者1名は無料(障害者手帳を提示のこと)
 
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
 
展覧会公式サイト: https://www.nmwa.go.jp/

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!
 
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。
 
メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。
 
質問 「De quel peintre est l‘œuvre utilisée pour l‘affiche de l‘exposition?」
 
締め切りは2019年7月25日(木)、正午です。
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。
qrcode:http://franc-parler.jp/spip.php?article1388