" />
logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
『モネ それからの100年』
投稿日 2018年7月10日
最後に更新されたのは 2018年8月1日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 96.7 kb
クロード・モネ《睡蓮》1906年 油彩、キャンヴァス 81,0 × 92,0 cm 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
クロード・モネ(Claude Monet)。
なぜ、人は彼の絵に心奪われ、そして癒されるのだろうか。空気を、そして光を、二次元の世界で熟成させていくモネの魔法は、多くの作家たちに影響を与えた。この展覧会では、モネの初期から晩年までの絵画25点のほか、後世代の作家26人の作品(絵画・版画・写真・映像)66点が展示されている。モネへのオマージュ、《日本の橋のある睡蓮》(ロイ・リキテンスタイン)をはじめ、ロスコやウォーホルなどのモダン・アート作品が、モネの作品群とともに並ぶ。「印象派の巨匠」としてのモネ。そして「モダンアートの先駆者」としてのモネ。フランスで生まれた画家は、芸術という森を次々と切り開き、木々に光を届けた。そしてその精神は海を渡り世界中に広がっていった。この夏、静寂と躍動感を同時に感じる小さな旅へぜひ。(Mika Tanaka)
 
横浜美術館
会期 : 2018年7月14日(土)〜 9月24日(月・休)
休館日:木曜日(ただし、8月16日は開館)
開館時間 : 10:00〜18:00
※8月10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)、9月14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日(土)は、10:00〜20:30
※入館は閉館の30分前まで
 
問い合わせ: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
 

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!
 
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。
 
メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。
 
質問 「Où se trouve le jardin de Monet?」
 
締め切りは2018年7月23日(月)、正午です。
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
ページ先頭へ
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.1.27